多様性・存在・アイデンティティ・SOGI」カテゴリーアーカイブ

重度脳性麻痺の4人の「成長する絵画」展

「成長する絵画」展2017で、重度脳性麻痺の4人の作品を観てきました。   絵を見て思ったのは、「構造がない」「要素がない」「全てしかない」。 制作の様子の映像をみると、「描こうとしてはいる」けど、「何かを描こうとはして … 続きを読む

カテゴリー: マインドフルネス, 多様性・存在・アイデンティティ・SOGI, 雑談 | タグ: , | 重度脳性麻痺の4人の「成長する絵画」展 はコメントを受け付けていません。

シンポジウム「問題は何?『性同一性障害』と法」

日本弁護士連合会のシンポジウム「問題は何?『性同一性障害』と法」を拝聴しました。この分野は、アイデンティティ、人間の存在証明に関わることとして、私も注目しているところです。私のクライアントには、諸感覚の違いから「人から理 … 続きを読む

カテゴリー: 多様性・存在・アイデンティティ・SOGI | タグ: | シンポジウム「問題は何?『性同一性障害』と法」 はコメントを受け付けていません。

「生きる意味」はちょっと危ない概念だと思います

「生きる意味」はちょっと危ない概念だと思います。 心理療法の世界では、「存在(そんざい)」と「生存(せいぞん)」を区別します。 「死にたい」の2つの要素 希死念慮(きしねんりょ)をもつ人は、2つの苦しみをもっていたりしま … 続きを読む

カテゴリー: 多様性・存在・アイデンティティ・SOGI, 心の傷 - 体験談・事例 | タグ: , , | 「生きる意味」はちょっと危ない概念だと思います はコメントを受け付けていません。

私たちの「存在」は、それぞれ何を担当しているのかな

「報道でLGBTQを持ち上げすぎると、生殖が減って、人類の存続をおびやかすのでは」という弁を聞きました。 まあ、全員で生殖を担当しなくても人類存続は大丈夫だと思いますが(笑)。ちなみに、子育てをしているLGBTQはいます … 続きを読む

カテゴリー: 多様性・存在・アイデンティティ・SOGI, 雑談 | タグ: , , | 私たちの「存在」は、それぞれ何を担当しているのかな はコメントを受け付けていません。

人間の多様性(マイノリティからダイバーシティへ)

人間の多様性についても、ブログ記事に書いてゆこうかなと思っています。 以前は、マイノリティ(少数派)として扱われていた分野が、ダイバーシティ(多様性)と捉えられるようになってきました。 たとえば、身体障害では、テクノロジ … 続きを読む

カテゴリー: 多様性・存在・アイデンティティ・SOGI | タグ: , | 人間の多様性(マイノリティからダイバーシティへ) はコメントを受け付けていません。

ジェンダーはセクシャリティではない

セクシャリティとジェンダーは違うと覚えておきましょう。 セクシャリティというのは、 生物学的な性別(sex) 性的指向(どんな相手を性的に好むか)(sexual orientation) といったものです。身体や性交渉・ … 続きを読む

カテゴリー: 多様性・存在・アイデンティティ・SOGI, 視点のこと | タグ: , | ジェンダーはセクシャリティではない はコメントを受け付けていません。

タイプ論による人間観の時代は終わっていると思う理由

性格分類などのタイプ論は楽しいです。「○○診断」「○○占い」とか。 人は自分や他人にラベルを貼ると安心します。(タイプ論に限らないですが) タイプ論セミナーでは、質問者が長々と質問した後につぶやきます。「ふー、これでわか … 続きを読む

カテゴリー: 多様性・存在・アイデンティティ・SOGI, 視点のこと, 雑談 | タグ: | タイプ論による人間観の時代は終わっていると思う理由 はコメントを受け付けていません。