感情知能」カテゴリーアーカイブ

ネガティブな感情的は、解放が抑圧かのどちらかへ向かいます

ネガティブな感情的は、解放が抑圧かのどちらかへ向かいます。(「ネガティブ」は悪いという意味ではなく、本能的にそれを避ける行動を導く不快系の感情グループを表します) 受け入れ解放すれば、減ります。目を背け抑圧すると、隠れて … 続きを読む

カテゴリー: 感情知能 | タグ: , | ネガティブな感情的は、解放が抑圧かのどちらかへ向かいます はコメントを受け付けていません。

自分と向き合うとは、感情を「所有」すること

自分と向き合うことを、「感情を受け容れる」とか言いますね。セラピーで言うところの「解放」も、それを含みます。 「受け容れる」という言葉のは、分かりやすさを狙った言葉で、人によって様々なニュアンスを持ちます。 専門的には、 … 続きを読む

カテゴリー: 心理セラピー(心理療法)関連, 感情知能, 自分と向き合う | タグ: , , , | 自分と向き合うとは、感情を「所有」すること はコメントを受け付けていません。

人がチャレンジから逃げるとき

人がチャレンジから逃げるとき、逃げると決めてから、その理由を考え出します。そして、その理由があるから逃げることにしたのだと思い込みます。 それを止めさせようと思ったセラピストが「頭で考えちゃダメ」などと言ってみたりします … 続きを読む

カテゴリー: 感情知能 | タグ: | 人がチャレンジから逃げるとき はコメントを受け付けていません。

人が死ぬとき後悔すること~「感情に振り回された一生」編

人の死に立ち会うお仕事の方々が、人が死ぬときに後悔することを挙げていらっしゃいます。それらに影響する心理課題について書いてみます。 今回は「感情に振り回された一生」について。   振り回されるというと反応的なこ … 続きを読む

カテゴリー: 心の傷, 感情知能, 視点のこと | タグ: , | 人が死ぬとき後悔すること~「感情に振り回された一生」編 はコメントを受け付けていません。

感情を受け容れると、感情的にならない

攻撃されたわけでもないのに、人が攻撃的になる。これは、どのようにして起きるか。 人は感情の抑圧によって、感情的になります。 逆に、感情を受け容れる(自覚する)と、感情的になりにくくなります。感情があるのと、感情的なのは違 … 続きを読む

カテゴリー: 心の傷, 感情知能 | タグ: , | 感情を受け容れると、感情的にならない はコメントを受け付けていません。

「右脳派・左脳派」診断なるもの

また右脳派・左脳派の診断するお遊びが流行っているようですが、ちょっとご注意を。 人間は、物事をあるがままに観ることが難しく、思い込みを通して物事を見ています。眼や耳での「観察」と、知識や信念を使った「推測」をしているわけ … 続きを読む

カテゴリー: マインドフルネス, 感情知能, 視点のこと | タグ: , | 「右脳派・左脳派」診断なるもの はコメントを受け付けていません。

「恐がるな」=「チャレンジするな」

恐がることは悪いことだと思っていますか? 自分が何を恐がっているか知ることは、チャレンジには欠かせません。 私の経験からすると、男性経営者の多くは恐さを認めません。そして、心の課題をなかなか解決できないことが多いです。女 … 続きを読む

カテゴリー: 感情知能, 視点のこと | タグ: , , | 「恐がるな」=「チャレンジするな」 はコメントを受け付けていません。