心の悩み」カテゴリーアーカイブ

「生きる意味」はちょっと危ない概念だと思います

「生きる意味」はちょっと危ない概念だと思います。 心理療法の世界では、「存在(そんざい)」と「生存(せいぞん)」を区別します。 「死にたい」の2つの要素 希死念慮(きしねんりょ)をもつ人は、2つの苦しみをもっていたりしま … 続きを読む

カテゴリー: 体験談・事例, 多様性・存在・アイデンティティ | タグ: , , , | 「生きる意味」はちょっと危ない概念だと思います はコメントを受け付けていません。

対人不安・あがり症の克服シナリオ

あがり症の克服シナリオでよくみかける共通バターンについて書いてみます。 恐くなくなることが克服なのではない。 偽の克服 たとえば人前で話すことに過緊張があったとします。たとえば、話し方の教室に通って、上手に話せるようにな … 続きを読む

カテゴリー: 心の悩み, 心理セラピー(心理療法)関連 | タグ: , | 対人不安・あがり症の克服シナリオ はコメントを受け付けていません。

グループワークでの自己開示

グループワークで、よく一部の参加者が言われること。心を開きたい、自分を開示してみたい、でも抵抗もある。でも、今回は大丈夫な予感がして来てみた。 何を話すか話さないか、ご自身で判断していただいています。どこまで開くかも。 … 続きを読む

カテゴリー: 体験談・事例, 雑談 | グループワークでの自己開示 はコメントを受け付けていません。

熱心に売込むと客が離れる、熱心に助言すると友が離れる

「熱心に売込むと、客が嫌がる」という現象ありますね。「押し売りのつもりはなくて、本当によい商品を紹介しているだけなのに」というケースについての相談もあります。 「人に大事なことを教えようとしたら、拒絶された」という場合も … 続きを読む

カテゴリー: 対処法, 視点・本当の問題 | タグ: , , , | 熱心に売込むと客が離れる、熱心に助言すると友が離れる はコメントを受け付けていません。

カウンセリングに行くのは弱い人間か? ~ 正すこと、赦すこと

カウンセリングに行くのは弱い人間だ、と思っている経営者や男性は多いです。実はこれは日本の場合です。欧米では、エグゼクティブはカウンセラーを雇います。 コンサルタントは正すのが得意。カウンセラーやセラピストは赦すのが得意。 … 続きを読む

カテゴリー: 対処法, 心理セラピー(心理療法)関連, 視点・本当の問題 | タグ: , , | カウンセリングに行くのは弱い人間か? ~ 正すこと、赦すこと はコメントを受け付けていません。

「助けて」と言えない病

人生の前半は実力で勝負。しかし、一人でできることは限られている。人生の後半は助けを求める。競争から協創へ。そこで、「助けて」と言えない病を克服する時期がきたりします。 事前確認 もし、「ありがとう」と言えない病が併発して … 続きを読む

カテゴリー: 対処法 | タグ: , | 「助けて」と言えない病 はコメントを受け付けていません。

コンフォートゾーンの外に引きずり出そうとすると、コンフォートゾーンから出るのが苦手になる

「コンフォートゾーンの外へ出ろ」と言われます。日々チャレンジしてください。でも、出ろと言われるほど出れなくなる、という場合は、注意が必要です。 コンフォートゾーンの外が恐いのか、他人によって追い詰められるのが恐いのか、ど … 続きを読む

カテゴリー: 対処法, 心理セラピー(心理療法)関連 | タグ: , , | コンフォートゾーンの外に引きずり出そうとすると、コンフォートゾーンから出るのが苦手になる はコメントを受け付けていません。