体験談・事例」カテゴリーアーカイブ

人が死ぬとき後悔すること~「”何でも治せる”を信じてしまった」編

「”何でも治せる”を信じてしまった」 人の死に立ち会うお仕事の方々が、人が死ぬときに後悔することを挙げていらっしゃいます。それらに影響する心理課題について書いてみます。今回は、後述の参考文献から、 … 続きを読む

カテゴリー: 体験談・事例 | タグ: | 人が死ぬとき後悔すること~「”何でも治せる”を信じてしまった」編 はコメントを受け付けていません。

人が死ぬとき後悔すること~「”心の病は薬で治せる/薬はやめろ”を信じてしまった」編

人の死に立ち会うお仕事の方々が、人が死ぬときに後悔することを挙げていらっしゃいます。それらに影響する心理課題について書いてみます。 お医者さんの書いた本には、医療・治療に関することも多いですね。今回は、後述の参考文献から … 続きを読む

カテゴリー: 体験談・事例, 視点・本当の問題 | コメントする

人が死ぬとき後悔すること~「やりたいことをやらなかった」編

人の死に立ち会うお仕事の方々が、人が死ぬときに後悔することを挙げていらっしゃいます。それらに影響する心理課題について書いてみます。 今回は、後述の参考文献から、「やりたいことをやらなかった」について。   なん … 続きを読む

カテゴリー: 体験談・事例, 視点・本当の問題 | 人が死ぬとき後悔すること~「やりたいことをやらなかった」編 はコメントを受け付けていません。

「信じる」と「疑わない」は別のこと

「人を信じることができない」という心理課題(コアビリーフ)があります。いつも人に不信感をいだいてしまい、仲良くなれなかったりします。いつも疑いの目で人をみてしまう自分が嫌になることもあります。 本人にも、なんとかしようと … 続きを読む

カテゴリー: 体験談・事例, 視点・本当の問題 | 「信じる」と「疑わない」は別のこと はコメントを受け付けていません。

「生きる意味」はちょっと危ない概念だと思います

「生きる意味」はちょっと危ない概念だと思います。 心理療法の世界では、「存在(そんざい)」と「生存(せいぞん)」を区別します。 「死にたい」の2つの要素 希死念慮(きしねんりょ)をもつ人は、2つの苦しみをもっていたりしま … 続きを読む

カテゴリー: 体験談・事例, 多様性・存在・アイデンティティ | タグ: , , , | 「生きる意味」はちょっと危ない概念だと思います はコメントを受け付けていません。

グループセッションでの自己開示

一連のグループセッションを終えました。ご協力方々や参加者のおかげさまで、大変もりあがりました。 グループセッションで、よく一部の参加者が言われること。「心を開きたい、自分を開示してみたい、でも抵抗もある。でも、今回は大丈 … 続きを読む

カテゴリー: Points of You, お知らせ, 人間関係, 体験談・事例 | タグ: | グループセッションでの自己開示 はコメントを受け付けていません。

心を開くことも必要だし、心が閉じることも必要

心を開くことは良いこと? 心が閉じるのは悪いこと? こんなような話をよく聞きます。 (なんらかのセッションで)心を開いたら、いじりまわされた。 (なんらかのワークショップで)心を開かないからダメなんだと言われた。 心を開 … 続きを読む

カテゴリー: Points of You, 体験談・事例, 心理セラピー(心理療法)関連 | タグ: , , | 心を開くことも必要だし、心が閉じることも必要 はコメントを受け付けていません。