心の傷」カテゴリーアーカイブ

立派な人が、人を癒すわけではない。

ときに、人は癒しのために、あるがままの自分を否定しない人たちを必要とします。気分障害(ウツなど)のリハビリ施設での経験から思うことを書きます。 たとえば、「朝、家を出ようとすしたとき足が動かなくなり、出勤できなくなった」 … 続きを読む

カテゴリー: 心の傷, 自分と向き合う | タグ: , | 立派な人が、人を癒すわけではない。 はコメントを受け付けていません。

人が死ぬとき後悔すること~「感情に振り回された一生」編

人の死に立ち会うお仕事の方々が、人が死ぬときに後悔することを挙げていらっしゃいます。それらに影響する心理課題について書いてみます。 今回は「感情に振り回された一生」について。   振り回されるというと反応的なこ … 続きを読む

カテゴリー: 心の傷, 感情知能, 視点のこと | タグ: , | 人が死ぬとき後悔すること~「感情に振り回された一生」編 はコメントを受け付けていません。

感情を受け容れると、感情的にならない

攻撃されたわけでもないのに、人が攻撃的になる。これは、どのようにして起きるか。 人は感情の抑圧によって、感情的になります。 逆に、感情を受け容れる(自覚する)と、感情的になりにくくなります。感情があるのと、感情的なのは違 … 続きを読む

カテゴリー: 心の傷, 感情知能 | タグ: , | 感情を受け容れると、感情的にならない はコメントを受け付けていません。

対人不安・あがり症の克服シナリオ

あがり症の克服シナリオでよくみかける共通バターンについて書いてみます。 恐くなくなることが克服なのではない。 優れることによる克服 たとえば人前で話すことに過緊張があったとします。たとえば、話し方の教室に通って、上手に話 … 続きを読む

カテゴリー: 心の傷, 心理セラピー(心理療法)関連 | タグ: , | 対人不安・あがり症の克服シナリオ はコメントを受け付けていません。

2種類の「あきらめました」が人生を左右する

今回は、あきらめたときの注意点とでもいうようなお話を。 人が「あきらめました」と言うとき、心理状態としては全く異なる2種類があります。 (A)「欲しいけど得られない」ということを受け入れた (B)本当は欲しいけど、「欲し … 続きを読む

カテゴリー: 心の傷, 心理セラピー(心理療法)関連, 視点のこと | タグ: , | 2種類の「あきらめました」が人生を左右する はコメントを受け付けていません。