視点・本当の問題」カテゴリーアーカイブ

こわがらないと、こわくなる

こわがらないと、こわくなります。 例えば、店主(自分)が客から不満を言われたとします。セミナー講師(自分)に参加者が嚙みついたとします。そこで、「悪いのはあんただ」と言い返す。もしくは、心の中でそのように思う。 言い返し … 続きを読む

カテゴリー: 対処法, 視点・本当の問題 | タグ: , , , | こわがらないと、こわくなる はコメントを受け付けていません。

心理専門家は誰を友達だと思うか その1

あなたは誰を友達に選んでいますか? あ、そもそもですが、友達は自分が選んでいるのですよ、自分が。 一緒にいる時間の長さでおなく、好き嫌いでもなく、心理的な面から、こんな友達がいいなと思うポイントを挙げてみます。 その1: … 続きを読む

カテゴリー: 人間関係, 心理セラピー(心理療法)関連, 視点・本当の問題 | タグ: , , | 心理専門家は誰を友達だと思うか その1 はコメントを受け付けていません。

「嫌なのに人の誘いを断れない」ときに必要な、自分と向き合うための質問

「嫌なのに人の誘いを断れない」というケースについてお話します。 嫌なんです。本当に嫌なんです。友人は「断ればいいじゃないか」と言います。でも、どうやって断ればいいかわからない。 たとえば、こんなケースを例に挙げましょう。 … 続きを読む

カテゴリー: 人間関係, 対処法, 視点・本当の問題 | タグ: | 「嫌なのに人の誘いを断れない」ときに必要な、自分と向き合うための質問 はコメントを受け付けていません。

ネガティブ感情は大切、ネガティブ思考は有害

「感情のコントロール」というのは人気のトピックです。そんな本がたくさん出ています。一方で、「感情は大切」とも言われますが、こちらは人気がない。 ポジティブ・シンキングなるものが人気です。一方で、「ポジティブ・シンキングは … 続きを読む

カテゴリー: 視点・本当の問題 | タグ: | ネガティブ感情は大切、ネガティブ思考は有害 はコメントを受け付けていません。

「感情豊か」と「感情的」のちがい

「感情的」であることは、理性(気づく能力)を妨げる悪いこととされてきました。ふむふむ、そうですね。 「感情豊か」であることは、感性(感じる能力)を高める良いこととされています。ふむふむ、そうですね。 「感情はよいもの?わ … 続きを読む

カテゴリー: 視点・本当の問題 | タグ: | 「感情豊か」と「感情的」のちがい はコメントを受け付けていません。

「あの人が嫌い」!? 「怒り」と「恨み」は真逆です

ある人のことが嫌い。そんなとき、どうすればよいのでしょうか? どのように自分の感情と向き合えばよいのでしょうか? 感情をコントロールして抑えるのがよいのでしょうか? ⇒おすすめしません 相手に思い知らせてやった方がよいの … 続きを読む

カテゴリー: 対処法, 視点・本当の問題 | タグ: , , , | 「あの人が嫌い」!? 「怒り」と「恨み」は真逆です はコメントを受け付けていません。

2種類の「あきらめました」が人生を左右する

今回は、あきらめたときの注意点とでもいうようなお話を。 人が「あきらめました」と言うとき、心理状態としては全く異なる2種類があります。 (A)「欲しいけど得られない」ということを受け入れた (B)本当は欲しいけど、「欲し … 続きを読む

カテゴリー: 心の悩み, 心理セラピー(心理療法)関連, 視点・本当の問題 | タグ: , | 2種類の「あきらめました」が人生を左右する はコメントを受け付けていません。