視点・本当の問題」カテゴリーアーカイブ

ジェンダーはセクシャリティではない

セクシャリティとジェンダーは違うと覚えておきましょう。 セクシャリティというのは、 生物学的な性別(sex) 性的指向(どんな相手を性的に好むか)(sexual orientation) といったものです。身体や性交渉・ … 続きを読む

カテゴリー: 視点・本当の問題 | タグ: | ジェンダーはセクシャリティではない はコメントを受け付けていません。

一切の恐さを避けて生きる

「恐い」と「楽しい」の身体反応は同じ。 ですので、一切の恐さを避けて生きると、人生を楽しむことは難しくなります。 やってみるとわかります。 チャンスがなくなるから得るものが少ないという意味ではありません。 両方の生き方を … 続きを読む

カテゴリー: 視点・本当の問題 | タグ: , , | 一切の恐さを避けて生きる はコメントを受け付けていません。

一万円の権利を千円の品と交換できるか

一万円以内の商品と交換できる券1枚もって量販家電店に入ります。一万円の商品ではなく、自分を幸せにする千円の商品と交換することができるようになるのは結構難しいようです。 美人に限らずね。 このゲームを有利にするものは、すで … 続きを読む

カテゴリー: 視点・本当の問題 | タグ: | 一万円の権利を千円の品と交換できるか はコメントを受け付けていません。

熱心に売込むと客が離れる、熱心に助言すると友が離れる

「熱心に売込むと、客が嫌がる」という現象ありますね。「押し売りのつもりはなくて、本当によい商品を紹介しているだけなのに」というケースについての相談もあります。 「人に大事なことを教えようとしたら、拒絶された」という場合も … 続きを読む

カテゴリー: 対処法, 視点・本当の問題 | タグ: , , , | 熱心に売込むと客が離れる、熱心に助言すると友が離れる はコメントを受け付けていません。

カウンセリングに行くのは弱い人間か? ~ 正すこと、赦すこと

カウンセリングに行くのは弱い人間だ、と思っている経営者や男性は多いです。実はこれは日本の場合です。欧米では、エグゼクティブはカウンセラーを雇います。 コンサルタントは正すのが得意。カウンセラーやセラピストは赦すのが得意。 … 続きを読む

カテゴリー: 対処法, 心理セラピー(心理療法)関連, 視点・本当の問題 | タグ: , , | カウンセリングに行くのは弱い人間か? ~ 正すこと、赦すこと はコメントを受け付けていません。

タイプ論による人間観の時代は終わっていると思う理由

性格分類などのタイプ論は楽しいです。「○○診断」「○○占い」とか。 人は自分や他人にラベルを貼ると安心します。(タイプ論に限らないですが) タイプ論セミナーでは、質問者が長々と質問した後につぶやきます。「ふー、これでわか … 続きを読む

カテゴリー: 視点・本当の問題, 雑談 | タグ: | タイプ論による人間観の時代は終わっていると思う理由 はコメントを受け付けていません。

見ている世界が違うということを感じとれてこそ、つながり

「対話」は「会話」とは違うそうです。 お互いに見ている世界が違うことを前提に話すのが「対話」。 カウンセリングやコーチングでは、評価・判断(自分が見ている世界を相手に押し付ける)を控えるようにと教えられます。 しかし、「 … 続きを読む

カテゴリー: 心理セラピー(心理療法)関連, 視点・本当の問題 | 見ている世界が違うということを感じとれてこそ、つながり はコメントを受け付けていません。