心を開くことも必要だし、心が閉じることも必要

Facebooktwittergoogle_plus

心を開くことは良いこと? 心が閉じるのは悪いこと?

こんなような話をよく聞きます。

  • (なんらかのセッションで)心を開いたら、いじりまわされた。
  • (なんらかのワークショップで)心を開かないからダメなんだと言われた。

心を開くことも必要だし、心が閉じることも必要。


「自己開示しなさい」「感情に触れなさい」「心を開きなさい」というと言う人は、人をコントロールしようとしている状態なので、そのような人の前で心が閉じるのも正常な反応とも言えます。なぜなら、心を開いたらコントロールされる可能性が高いからです。(なぜそんなことが起きるのかについては、セッショニスト向けの講座で扱います)

※セラピーの流派・流儀によっては、善意であれば洗脳(本人の意思に関係なく心を操作する)と同じことをしてもよいと教えているところもあるそうですが、通常のセラピストは本人が望まないことは善意であってもしません。

家のドアを外からこじ開けようとする人に対しては、ドアは開けないですよね。

ですので、冒頭の「心が閉じていると言われた」というケースは、閉じてよかったのかもしれません。必ずしもそのワークショップのせいではないかもしれないのですが、心が閉じるには閉じるなりの理由があると思うのがよいでしょう。(他にどんな理由があるかはPoints of You 実践講座にて)

心を開かなければ得られない成果というものはあります。しかし、心を閉じることも必要な機能かと思います。

「Don’t think. Feel!」は必要ですが、それを命令する人の前ではfeelしない方がいいかもしれません。

結論としては、「心を開け」と強制する人の前で心が開かないのは正常。心が閉じてしまったら、こじ開けようとする人ではなく、開けても大丈夫な人を探しましょう。

 
心理的な相談をしたい方は、個人セッションをご検討ください。⇒サービス案内
 
自分に嘘をつかない生き方のメール講座はこちら。⇒無料購読
 
ブログ更新をメールでお知らせ→

Facebooktwittergoogle_plus

The following two tabs change content below.
心理療法セラピスト 上野貢潤

心理療法セラピスト 上野貢潤

代表ファーストブレス
~自分の心と対話する~ 心理療法セラピスト/Points of You マスタートレーナー
カテゴリー: Points of You, 体験談・事例, 心理セラピー(心理療法)関連 タグ: , , パーマリンク