私たちの「存在」は、それぞれ何を担当しているのかな

Facebooktwittergoogle_plus

「報道でLGBTを持ち上げすぎると、生殖が減って、人類の存続をおびやかすのでは」という弁を聞きました。

まあ、全員で生殖を担当しなくても人類存続は大丈夫だと思いますが(笑)。ちなみに、子育てをしているLGBTsはいます。私の小学生時代の同級生にはお母さんが2人いました。子供つくっている人もいます。(人を育てるのも生殖本能という説もあるようです)

それはともかく、ふと、全ての人が生殖を担当しなくていいなら、私たちそれぞれ何を担当しているのかな? という想いが浮かびました。

何かを担当しているような感じがするのです。使命とかいうようなタスクではなく。

私が「存在」と呼んでいるものかも。

ところで、心理療法の用語にも「存在」というのがあります。「存在(そんざい)」と「生存(せいぞん)」の区別ができていないセラピストもいます。希死念慮を扱うときは、区別できているセラピストを選びましょう。「死にたい」と「消えたい」の違い(表面的な言葉はともかく)です。

マクベスの「生きるべきか、死ぬべきか」は、”To be or not to be”ですから、「存在」ですね。

 
心理的な相談をしたい方は、個人セッションをご検討ください。⇒サービス案内
 
自分に嘘をつかない生き方のメール講座はこちら。⇒無料購読
 
ブログ更新をメールでお知らせ→

関連記事
「生きる意味」はちょっと危ない概念だと思います... 「生きる意味」はちょっと危ない概念だと思います。 心理療法の世界では、「存在(そんざい)」と「生存(せいぞん)」を区別します。 「死にたい」の2つの要素 希死念慮(きしねんりょ)をもつ人は、2つの苦しみをもっていたりします。1つは「苦しみから逃れたい」(死ぬことで苦しみが終わること...

Facebooktwittergoogle_plus

The following two tabs change content below.
心理セラピスト 上野貢潤

心理セラピスト 上野貢潤

代表ファーストブレス
~自分の心と対話する~ 心理療法セラピスト/Points of You トレーナー
心理セラピスト 上野貢潤

最新記事 by 心理セラピスト 上野貢潤 (全て見る)

カテゴリー: 多様性・存在・アイデンティティ, 雑談 タグ: , , パーマリンク