私たちの「存在」は、それぞれ何を担当しているのかな

Facebooktwittergoogle_plus

「報道でLGBTを持ち上げすぎると、生殖が減って、人類の存続をおびやかすのでは」という弁を聞きました。

まあ、全員で生殖を担当しなくても人類存続は大丈夫だと思いますが(笑)。ちなみに、子育てをしているLGBTsはいます。私の小学生時代の同級生にはお母さんが2人いました。子供つくっている人もいます。(人を育てるのも生殖本能という説もあるようです)

それはともかく、ふと、全ての人が生殖を担当しなくていいなら、私たちそれぞれ何を担当しているのかな? という想いが浮かびました。

何かを担当しているような感じがするのです。使命とかいうようなタスクではなく。

私が「存在」と呼んでいるものかも。

ところで、心理療法の用語にも「存在」というのがあります。「存在(そんざい)」と「生存(せいぞん)」の区別ができていないセラピストもいます。希死念慮を扱うときは、区別できているセラピストを選びましょう。「死にたい」と「消えたい」の違い(表面的な言葉はともかく)です。

マクベスの「生きるべきか、死ぬべきか」は、”To be or not to be”ですから、「存在」ですね。

 
心理的な相談をしたい方は、個人セッションをご検討ください。⇒サービス案内
 
自分に嘘をつかない生き方のメール講座はこちら。⇒無料購読
 
ブログ更新をメールでお知らせ→

関連記事
LGBTとトラウマ いわゆるLGBT、同性愛や性別違和(身体と心の性が一致しない)の原因として、なんらかのトラウマ・心の傷によるものではないかという考察は昔からされてきました。現在ではそういうものが原因であることは立証されていないという説が主流かと思います。それは、「治したほうがよいもの/治せるもの」なのか「それはそれ...
「生きる意味」はちょっと危ない概念だと思います... 「生きる意味」はちょっと危ない概念だと思います。 心理療法の世界では、「存在(そんざい)」と「生存(せいぞん)」を区別します。 「死にたい」の2つの要素 希死念慮(きしねんりょ)をもつ人は、2つの苦しみをもっていたりします。1つは「苦しみから逃れたい」(死ぬことで苦しみが終わること...
ダイバーシティへの2種類のアプローチ... LGBT・ダイバーシティに関する世の動きをみていて思うこと。「緊急的な差別対策」と「本当のダイバーシティ推進(多様性の受容れ)」は、別の活動ではないかと。つまり、ダイバーシティには、2つのアプローチが存在していると思います。 1つは、「LGBTは異常ではない」と啓蒙するアプローチがあります。そ...

Facebooktwittergoogle_plus

The following two tabs change content below.
心理療法セラピスト 上野貢潤

心理療法セラピスト 上野貢潤

代表ファーストブレス
~自分の心と対話する~ 心理療法セラピスト/Points of You マスタートレーナー
心理療法セラピスト 上野貢潤

最新記事 by 心理療法セラピスト 上野貢潤 (全て見る)

カテゴリー: 多様性・存在・アイデンティティ, 雑談 タグ: , , パーマリンク