人はあるとき、本当の気持ちを言わずに何かを求めることを覚えます

Facebooktwittergoogle_plus

ママが子供に「ここで待ってて」と言ったら、子供が泣き出しました。「足が痛い」とか「帰りたい」とか言っています。

ママが「帰りたいの?」と訊くと激しくわめきます。どうも本当は違うようです。

「ここで待ってて」と言われて沸き出た気持ち(感情)は、なに?

でも、「置いていかないでほしい」とかは言いません。言ったら、もっとおそろしいことが起きるからです。

人はあるとき、本当の気持ちを言わずに何かを求めることを覚えます。それは、いたしかたないです。

でも、言ってるうちに、本当に足が痛くなったり、本当に帰りたくなったりもしてきます。

そして大人になって、あるとき本当の気持ちが何かを仕掛けてきます。それは最初、敵のようにみえるかもしれません。

そして生き方の別れ道が現れます。

 
心理的な相談をしたい方は、個人セッションをご検討ください。⇒サービス案内
 
自分に嘘をつかない生き方のメール講座はこちら。⇒無料購読
 
ブログ更新をメールでお知らせ→

関連記事
ネガティブかポジティブかではなく、本物かどうか... 本当の自分を生きたい? 本当に? 抑圧されたネガティブと、それを隠すためのポジティブやネガティブがあるとしたら。 あなたの望みは、これじゃないですか? 本物のネガティブと、 本物のポジティブ。 そして、あなが怖れているのは、これじゃないですか? 本物のネガティブと、 本...

Facebooktwittergoogle_plus

The following two tabs change content below.
心理療法セラピスト 上野貢潤

心理療法セラピスト 上野貢潤

代表ファーストブレス
~自分の心と対話する~ 心理療法セラピスト/Points of You マスタートレーナー
カテゴリー: 雑談 タグ: パーマリンク