カイル・メイナード氏をみて

Facebooktwittergoogle_plus

両手両足のない登山家カイル・メイナード氏の講演をみました。

同氏はご自身の身体障害どうのを理解する前の幼少の頃から、困難な作業へのチャレンジと達成感を知りました。数時間かけてスプーンを使い、40分かけて靴下を履き、アメフトをし、達成してゆくうちに、世界最高峰に達したのだそうです。

結局のところ、偉業を成すのは、「~すべき」と自分に鞭を打つ人ではなく、「~したい」と自分を大切にした人なのだなという証拠のようでした。

直接にホンモノの人に会うことでしか確かめられないことだと思います。

 

 
心理的な相談をしたい方は、個人セッションをご検討ください。⇒サービス案内
 
自分に嘘をつかない生き方のメール講座はこちら。⇒無料購読
 
ブログ更新をメールでお知らせ→

関連記事
重度脳性麻痺の4人の「成長する絵画」展... 「成長する絵画」展2017で、重度脳性麻痺の4人の作品を観てきました。   絵を見て思ったのは、「構造がない」「要素がない」「全てしかない」。 制作の様子の映像をみると、「描こうとしてはいる」けど、「何かを描こうとはしていない」ようにみえます。 この日、財布を忘れて出掛けたの...
【雑談】吉本徹也先生の「やまと絵」を観ました... 吉本徹也先生の個展(やまと絵)、なんとか間に合って拝見することができました。 絵中の子供の存在感が、平和でした。言葉で平和とか言っても伝わらないかと思いますが、絵を観ると確かに平和というものがあるのだと実感できます。 立体的な構図は、遠くからこちらへと向かう時間を感じさせ、しかし...
相談会イベントの後の相談員たち 合同カウンセリング会とか、相談会イベントの後の振り返りに参加してみて思うこと。 アマチュアの会では、今日の相談者さんはどうだったかと話します。 プロの会では、今日の自分はどうだったかと話します。 アマチュアの会では、「ありがとう」と言われることが励みだと言います。 プロの会で...
花はいいですねえ 花はいいですねえ そこにしかないし ただ咲いていたいだけ 人を支配せず、咲いてみせるだけ 私のクライアントも、そんな人が多い...

Facebooktwittergoogle_plus

The following two tabs change content below.
心理療法セラピスト 上野貢潤

心理療法セラピスト 上野貢潤

代表ファーストブレス
~自分の心と対話する~ 心理療法セラピスト/Points of You マスタートレーナー
心理療法セラピスト 上野貢潤

最新記事 by 心理療法セラピスト 上野貢潤 (全て見る)

カテゴリー: 雑談 パーマリンク