「あの人が嫌い」!? 「怒り」と「恨み」は真逆です

Facebooktwittergoogle_plus

ある人のことが嫌い。そんなとき、どうすればよいのでしょうか? どのように自分の感情と向き合えばよいのでしょうか?

感情をコントロールして抑えるのがよいのでしょうか? ⇒おすすめしません

相手に思い知らせてやった方がよいのでしょうか? ⇒おすすめしません

それが過剰反応の場合は、心理セラピー等で、その原因(深層心理のパターン、条件反射)を解消するのがよいでしょう。

「怒り」と「恨み」を区別する

一方で、場合によっては、ちゃんと怒る必要があるときもあります。しかし、その前に「怒り」と「恨み」の違いを心得ておくことをおすすめします。

「怒り」は自分や大切なものを守るための身体反応(感情)。

「恨み」は相手を有罪にしようとする心理反応(感情もどき)。

「恨み」が不幸をまねくメカニズム

講演家の石井裕之氏によると、不幸が続く人には、誰かを恨んでいるという共通点があるそうです。また、昔から「恨みは自分に跳ね返る」とも言われていますね。

相手を有罪にするためには、自分は被害者である必要があります。ですので、幸せになることができません。加害者が罰せられたり、加害者が悔い改めることを求めていると、「あの人のせいで私は不幸です」という被害を手放せません。私はこの心理現象を「恨み」と呼びます。

「恨み」の状態にありますと、逆にちゃんと怒ることができなかったりします。

専門的な対処法

ある人のことが嫌いといういうとき、まずは「怒り」なのか「恨み」なのか、正直に自分に向き合ってみることをおすすめします。ただし、正直に向き合うには、相応に心を育てる必要があります。簡単ではない場合もあります。

「怒り」である場合は、断るべきを断って、がっつり自分を守ります。簡単に言うと、「No!」と言うということです。自分を守った安心感のようなものが得られればよいです。暴力に対する緊急的な正当防衛でもなければ、相手を攻撃する必要はないことが多いです。多くの場合、相手が目の前にいる必要すらありません。なぜなら、心理的問題解決という点においては、「怒り」は自分の内なるワークだからです。

どうしても相手を攻撃したい、相手に思い知らせたいというのであれば、それは「恨み」でしょう。その場合は、それを生じている「悲しみ」「恐さ」等を認めて癒すのがよいでしょう。たとえば、ほんとうは何を期待しているのか(していたのか)と向き合うと、「悲しみ」がみつかることもあります。ほんとうは何が困っているのかと向き合うと、「恐さ」がみつかることもあります。それらに気づいて「恨み」を手放すときがきたら、心理カウンセラー等に相談するのもよいかと思います。

(参考)
メール講座

Facebooktwittergoogle_plus

The following two tabs change content below.
心理セラピスト 上野貢潤

心理セラピスト 上野貢潤

代表ファーストブレス
~自分の心と対話する~ 心理療法セラピスト/Points of You トレーナー
カテゴリー: 対処法, 視点・本当の問題 タグ: , , , パーマリンク