マイナスからゼロって、何やねん

Facebooktwittergoogle_plus

セラピーはマイナスからゼロへのプロセスだと言う論説があります。

しかし、セラピーのプロセスを経て幸せを感じている人、味わい深い人生を楽しんでいる人たちがいます。というか、たいていそうなってるでしょ。

「セラピーはマイナスをゼロにするものです」と言わず、「私はマイナスをゼロにするプロセスにしか立ち会えませんでした」と言ってもらいたいものです。

私が悩んであたときに出会ったセラピストやカウンセラーは、私を「マイナス」として見ることはありませんでした。

「マイナス」「ゼロ」「プラス」、そんなラベルを持っている支援者のところへ行かなくてよかったよ。行ったこともあるけど。

傷つかなくなるから前進できるのではないですよ。傷ついても前進できるようになるのですよ。その先にアレがあって、そして自信へとね。

多くの場合、何かを諦めてないから悩んでるんでしょ。解決したらゼロになるやろか?

「マイナス」というラベルを貼ったから、ゴールが「ゼロ」になってしまったんじゃないの?

 
心理的な相談をしたい方は、個人セッションをご検討ください。⇒サービス案内
 
自分に嘘をつかない生き方のメール講座はこちら。⇒無料購読
 
ブログ更新をメールでお知らせ→

関連記事
【雑談】こっそり言ってみよう たとえば、「死ね」なんて語彙に安易に頼らないほうがよいですよ。 倫理や道徳ではなくて、心理の観点から自分のために。 何が嫌なのか、こっそり独り言を言ってみましょう。 「むかつくーっ」 おしい! 何が嫌なのか、こっそり言ってみましょう。 「あいつの嫌なところ」ではなく、「...
叱ることで人を変えることはできない... 心理セラピーで人生を支配する根本問題を扱っていると、こんなことを感じます。 叱ることで人を変えることはできない。 叱ってもらうことで変わることもできない。 ※深層心理に刻まれた心理課題(広義のトラウマ)の場合です。 心理セラピーを途中で諦める人が言う共通のキーワードがあります...
愛着とインナーチャイルド ずいぶん以前ですが、愛着スタイルの問題の扱い方を調べていたことがありました。 ※「愛着障害」という言葉が普及しましたが、私は「障害」という言葉をあまりお勧めしていません。説明する必要があるときは、「愛着スタイル」「愛着不安定」と言ったりしています。 基本的な心理セラピーの方法は、当時すで...
逃げる人と、喜ぶ人に分かれます。 以前、心理系の入門講座を覗いてみたことがあります。 そこでは、目の動きで人の心が読めるとか、こうすれば人を操作できるというようなことが講義されていました。 これは大変ウケがよく、受講者たちは笑顔でうなずきながら大喜びでした。そして、何割かの方はその場で本講座の申込みをする大盛況。 ...

Facebooktwittergoogle_plus

The following two tabs change content below.
心理療法セラピスト 上野貢潤

心理療法セラピスト 上野貢潤

代表ファーストブレス
~自分の心と対話する~ 心理療法セラピスト/Points of You マスタートレーナー
カテゴリー: 心理セラピー(心理療法)関連, 雑談 パーマリンク