自由を使わずに自由を手に入れることはできない

Facebooktwittergoogle_plus

自由を使わないということは、自由を拒絶するわけですから、自由は手に入りません。

心理セラピーでは、自分自身に対して話しかけてもらう場面があります。

そこで、「人がなんと言おうと、あなたは幸せになっていいよ」と言うことも、「あなたは価値のない人間だ。人目を気にして生きろ」と言うことも、自由に選べます。

この自由を使って自分を幸せにする選択をする人には、さらなる自由が得られます。

自由を使って自由を増やす。それは資本の運用のようなものです。セラピストはその元手となる最初の小さな自由へガイドします。

過去を変えようとせず向き合った場合だけ、未来を選択することが可能になりす。

過去の自分や真実を受け入れない人は、自分に対して「不幸になれ」と言い放ちます。

過去の真実を受け入れた人は、自分に対して「幸せになれ」と声をかけます。

どちらを選ぶ方もいます。

この選択をセラピストが代わりに行うことはありません。ご自身で選んでいただき、それを見守ります。ご自身で選ばなければ、それは自由ではありません。

本人が選んだとおりの未来へ向かいます。

自分で選ぶ(自由を使う)人にのみ、自由は実現します。

関連記事
心を開くことも必要だし、心が閉じることも必要... 心を開くことは良いこと? 心が閉じるのは悪いこと? こんなような話をよく聞きます。 (なんらかのセッションで)心を開いたら、いじりまわされた。 (なんらかのワークショップで)心を開かないからダメなんだと言われた。 心を開くことも必要だし、心が閉じることも必要。 ...
アダルトチルドレン、トラウマなどの言葉と心理専門家... 医師が診断書を書く場合を除いて、心理の専門家が本人に対して「あなたはアダルトチルドレン(AC)です」とか「あなたはトラウマです」と言うことは基本的にはありません。専門家にラベルを貼られることで、そのラベルに支配される(新たな症状が発生したり、症状から抜け出しにくくなる)ことを嫌うためです。 私...
カウンセリングに行くのは弱い人間か? ~ 正すこと、赦すこと... カウンセリングに行くのは弱い人間だ、と思っている経営者や男性は多いです。実はこれは日本の場合です。欧米では、エグゼクティブはカウンセラーを雇います。 コンサルタントは正すのが得意。カウンセラーやセラピストは赦すのが得意。 「正すことでしか進歩はない」「赦したら悪くなる」と信じているのであ...
相談会イベントの後の相談員たち 合同カウンセリング会とか、相談会イベントの後の振り返りに参加してみて思うこと。 アマチュアの会では、今日の相談者さんはどうだったかと話します。 プロの会では、今日の自分はどうだったかと話します。 アマチュアの会では、「ありがとう」と言われることが励みだと言います。 プロの会で...

Facebooktwittergoogle_plus

The following two tabs change content below.
心理セラピスト 上野貢潤

心理セラピスト 上野貢潤

代表ファーストブレス
~自分の心と対話する~ 心理療法セラピスト/Points of You トレーナー
カテゴリー: 心理セラピー(心理療法)関連 パーマリンク