自由を使わずに自由を手に入れることはできない

Facebooktwittergoogle_plus

自由を使わないということは、自由を拒絶するわけですから、自由は手に入りません。

心理セラピーでは、自分自身に対して話しかけてもらう場面があります。

そこで、「人がなんと言おうと、あなたは幸せになっていいよ」と言うことも、「あなたは価値のない人間だ。人目を気にして生きろ」と言うことも、自由に選べます。

この自由を使って自分を幸せにする選択をする人には、さらなる自由が得られます。

自由を使って自由を増やす。それは資本の運用のようなものです。セラピストはその元手となる最初の小さな自由へガイドします。

過去を変えようとせず向き合った場合だけ、未来を選択することが可能になりす。

過去の自分や真実を受け入れない人は、自分に対して「不幸になれ」と言い放ちます。

過去の真実を受け入れた人は、自分に対して「幸せになれ」と声をかけます。

どちらを選ぶ方もいます。

この選択をセラピストが代わりに行うことはありません。ご自身で選んでいただき、それを見守ります。ご自身で選ばなければ、それは自由ではありません。

本人が選んだとおりの未来へ向かいます。

自分で選ぶ(自由を使う)人にのみ、自由は実現します。

関連記事
心理専門家は心理学を捨てる なんとかメソッドとか、なんとか心理学とか、学んだ人が、いかにそれが素晴らしいかを話しています。 感情の裏に別の感情があるとか、幼少期の体験が性格をつくるとか。そんな知識は数日で学べますが。 心理の勉強というものは、いわば…… 知るために、2、3日。 知ったことから脱出するため...
【心理セラピストの映画紹介】『クジラの島の少女』... 映画は人の成長や克服を描いています。心理セラピー(心理療法)もまた、そのプロセスを支援するものです。従いまして、よく似ています。 心理セラピストと一緒に映画を観てみましょう。 今回の映画は『クジラの島の少女』です。 あらすじ ニュージーランドのマオリ一族で族長の一家に女の子パ...
心理療法家は「幼少期の原因」なるものを不必要に指摘しない... 本当の問題に気づくための心理コンサルティング/それを解決するをやってます。(ご案内はこちら) でも、何を本当の問題と呼ぶか、セラピストのスタンスによってってちがいますね。私の基本スタンスを書いてみます。 では、次の3つを扱います。 ○解決したい悩み 今困っていること 変えたい人生の...
2種類の「あきらめました」が人生を左右する... 今回は、あきらめたときの注意点とでもいうようなお話を。 人が「あきらめました」と言うとき、心理状態としては全く異なる2種類があります。 (A)「欲しいけど得られない」ということを受け入れた (B)本当は欲しいけど、「欲しくない」ことにした これらの区別は本人にとって難...

Facebooktwittergoogle_plus

The following two tabs change content below.
心理セラピスト 上野貢潤

心理セラピスト 上野貢潤

代表ファーストブレス
本当の自分を生きるための深層心理セッションを提供する 心理セラピスト/経営心理コンサルタント。
カテゴリー: 心理セラピー(心理療法)関連 パーマリンク