いい人をやめると、悪い人になるの?

Facebooktwittergoogle_plus

人から嫌われることを過剰に恐れて、人の顔色を伺う生き方をしていると気づいた人に、その深層心理を解消することを勧めると、かなりの確率で「楽にはなりそうだけど、悪い人間になってしまいますね」と躊躇します。

実際のところ、その心配無用のことが多いです。

でも、いい人ではなくなるかもしれません。

いい人じゃなくなるのは恐ろしいという人は、こんなことも考えてみてください。

悪い人
自分のために人を犠牲にする人
いい人
自分が救われるために、いい行いをする人。自分が人のお役に立つことが嬉しい。
よく生きる人
他人や神様からどう思われようと、大切なものを大切にして生きる人。自分がお役に立つかどうかに関わらず、人が幸せになるのは嬉しい。

いい人には、同じ恐れをもつ人や、そんな人を利用したい人が寄ってきます。そういう人達から「いい人じゃないと承認しないよ」というメッセージをもらい、ますます恐れは強化されます。強化された恐れは、変な自信もどきになります。

「自分はいい人だ」という安心感と、「あの人も幸せ」という喜びは別のこと。あなたが求めているのはどちらでしょうか。両方かもしれませんね。だとしたら、よく生きるために大事なのは後者ではないでしょうか。

「いい人をやめたら悪い人になる」

そんな恐れを手放すと、人の幸せを感じやすくります。

他人のストーリーに入り込んで主人公になろうとしなくなります。他人を大切にできます。

落し物を拾ったとき、いかにして自分がいい人になるかを考えますか? それとも落とし主はさぞ困ってるだろうなと心配になりますか? 後者ならば、いい人をやめても悪い人にはなりません。いい人の深層心理を解消しても、そういう人を大切にする気持ちはなくなりませんから。そういう気持ちだけになります。

いい人じゃないと天国に行けないとか、いい人じゃないと受け入れてもらえないとか思っていると、人に寛容でなくなってきたりもします。

あ、上記の”よく生きる人”は、”寛容な人”かもしれません。

いい人をやめることに困難を感じている方は、心理セラピー/心理コンサルティングなどがお役に立つかもしれません。

自分の気持ちに向き合うことから始めたい方は、「自分の気持ちに気づく能力」メール講座もご参考に。

 
心理的な相談をしたい方は、個人セッションをご検討ください。⇒サービス案内
 
自分に嘘をつかない生き方のメール講座はこちら。⇒無料購読
 
ブログ更新をメールでお知らせ→

関連記事
「嫌われるのがこわい」を解消すると嫌われる?... 心理セラピー(心理療法)では、「嫌われるのがこわい」を解消したり、ありのまま(人から好かれなくても)の自分に価値があるという深層心理状態を目指したりします。 一方で、好印象を与える振る舞いを習得することで人間関係が改善し、幸せへ近づくことも事実です。 はたして、嫌われえるのを恐れた方がよ...

Facebooktwittergoogle_plus

The following two tabs change content below.
心理療法セラピスト 上野貢潤

心理療法セラピスト 上野貢潤

代表ファーストブレス
~自分の心と対話する~ 心理療法セラピスト/Points of You マスタートレーナー
カテゴリー: 視点・本当の問題 タグ: パーマリンク