闇と光」タグアーカイブ

ネガティブな感情的は、解放が抑圧かのどちらかへ向かいます

ネガティブな感情的は、解放が抑圧かのどちらかへ向かいます。(「ネガティブ」は悪いという意味ではなく、本能的にそれを避ける行動を導く不快系の感情グループを表します) 受け入れ解放すれば、減ります。目を背け抑圧すると、隠れて … 続きを読む

カテゴリー: 感情知能 | タグ: , | ネガティブな感情的は、解放が抑圧かのどちらかへ向かいます はコメントを受け付けていません。

自分と向き合うとは、感情を「所有」すること

自分と向き合うことを、「感情を受け容れる」とか言いますね。セラピーで言うところの「解放」も、それを含みます。 「受け容れる」という言葉のは、分かりやすさを狙った言葉で、人によって様々なニュアンスを持ちます。 専門的には、 … 続きを読む

カテゴリー: 心理セラピー(心理療法)関連, 感情知能, 自分と向き合う | タグ: , , , | 自分と向き合うとは、感情を「所有」すること はコメントを受け付けていません。

人がチャレンジから逃げるとき

人がチャレンジから逃げるとき、逃げると決めてから、その理由を考え出します。そして、その理由があるから逃げることにしたのだと思い込みます。 それを止めさせようと思ったセラピストが「頭で考えちゃダメ」などと言ってみたりします … 続きを読む

カテゴリー: 感情知能 | タグ: | 人がチャレンジから逃げるとき はコメントを受け付けていません。

心の闇と光「気づかない」から「気にならない」へ

「心の闇」という言葉があるということは、「心の光」もあります。しかし、「心の光」という言葉はあまり使われず、「受け入れる」と表現されることが多いです。 「闇」とは、受け入れていないこと。目をそらしている、本当は有るけど無 … 続きを読む

カテゴリー: 視点のこと | タグ: | 心の闇と光「気づかない」から「気にならない」へ はコメントを受け付けていません。

こわがらないと、こわくなる

こわがらないと、こわくなります。 例えば、店主(自分)が客から不満を言われたとします。セミナー講師(自分)に参加者が嚙みついたとします。そこで、「悪いのはあんただ」と言い返す。もしくは、心の中でそのように思う。 言い返し … 続きを読む

カテゴリー: 心のトラブル - 対処法, 視点のこと | タグ: , , | こわがらないと、こわくなる はコメントを受け付けていません。

「あの人が嫌い」!? 「怒り」と「恨み」は真逆です

ある人のことが嫌い。そんなとき、どうすればよいのでしょうか? どのように自分の感情と向き合えばよいのでしょうか? 感情をコントロールして抑えるのがよいのでしょうか? ⇒おすすめしません 相手に思い知らせてやった方がよいの … 続きを読む

カテゴリー: 心のトラブル - 対処法, 視点のこと | タグ: , , , , | 「あの人が嫌い」!? 「怒り」と「恨み」は真逆です はコメントを受け付けていません。

自分の内面に目を向けると、相手の気持ちをわかる準備ができる

EQとは自分をみつめる力、「心の闇」に先を越されないで。 ある会社の営業グループで、講演セミナーをさせていただいたときのこと。 その日の内容は「大切なのは自分の感情に気づくこと」という内容でした。 見込み客が遠ざかるとき … 続きを読む

カテゴリー: 視点のこと | タグ: , , | 自分の内面に目を向けると、相手の気持ちをわかる準備ができる はコメントを受け付けていません。