【心理療法】「なんで私がこんな目にあうのですか」をどうするか

Facebooktwittergoogle_plus

カウンセリングについての議論で、こんな話題がありました。

ひどく苦しい状況の人に、こう聞かれたら、どう答えるか。

「なんで私(だけ)がこんな目に会うんでしょうか・・・」

これ、お気持ちのよくわかる、大きなテーマ(問い)ですよね。しかも珍しくないはず。
「この試練には何らかの意味があるはず」(実際にはもっと優しい表現で)という答えもあります。実際にそういいう哲学のカウンセリング手法があるようです。そのような言葉が多くの人の支えになっているように思います。

しかし、私なら・・・その問いに答えない・・・です。ということに気づきました。

「自分で考えてください」と言うのでしょうか。そうも言わないでしょう。

では、どんなふうになるか。
(カウンセリングというより、心理セラピー的ですが)
(扱う状況にもよりますが)
「なんで私がこんな目に会うんでしょうか・・・」
「なぜでしょうねぇ」
「・・・」
「・・・悪くない人がひどい目に会う・・・おかしいですよね・・・理不尽ですよね」
(中略)
この世の理不尽さへの怒りを出してもらいます。何を言ってしまってもいいです。
「ふざけんな!ふざけんな!×○△×○×△○!!!」
(中略)
理不尽さを嘆き、泣いてもらいます。泣いている理由もわからないくらいに。
(この涙は、最初に苦しさを訴えるときの涙と違い、その人を強くします)

クライアントは顔を上げます。
宙を見つめて(またはセラピストを見て)、「・・・そう・・・理不尽なんですよ・・・」とつぶやく。
小さく頷き、「それでも・・・、この理不尽な世の中を私は生きる」という選択をします。そのような選択をした人たちの仲間入りです。

後日、クライアントは「この試練には意味がある」と言い出すかもしれません。それは、そう思えるように生きていくという、その人の選択です。

セラピストは、その人がそこにいることに、すでに意味を感じています。

「意味がありますよ」と言ってさしあげると、クライアントから好かれるかもしれませんが、それはしません。

 
心理セッションにご関心のある方は、心理セラピーの概要やQ&Aをご覧ください。

関連記事
【心理セラピストの映画紹介】『クジラの島の少女』... 映画は人の成長や克服を描いています。心理セラピー(心理療法)もまた、そのプロセスを支援するものです。従いまして、よく似ています。 心理セラピストと一緒に映画を観てみましょう。 今回の映画は『クジラの島の少女』です。 あらすじ ニュージーランドのマオリ一族で族長の一家に女の子パ...
心理療法家は「幼少期の原因」なるものを不必要に指摘しない... 本当の問題に気づくための心理コンサルティング/それを解決するをやってます。(ご案内はこちら) でも、何を本当の問題と呼ぶか、セラピストのスタンスによってってちがいますね。私の基本スタンスを書いてみます。 では、次の3つを扱います。 ○解決したい悩み 今困っていること 変えたい人生の...
【体験談】希死念慮の解消とその後 私は深層意識を変える心理セラピーによって、ある時期発症していた「死にたい」(希死念慮といいます)を解消しました。生きることに抵抗がなくなり、死にたくなくなりました。それが土台となって、生き方も変わってきます。 希死念慮を持つ人は意外に多いですが、それを解消したくない人も意外に多いようです。そも...

Facebooktwittergoogle_plus

The following two tabs change content below.
心理セラピスト 上野貢潤

心理セラピスト 上野貢潤

代表ファーストブレス
本当の自分を生きるための深層心理セッションを提供する 心理セラピスト/経営心理コンサルタント。
カテゴリー: 心理セラピー(心理療法)関連 タグ: , パーマリンク