「嫌われるのがこわい」を解消すると嫌われる?

Facebooktwittergoogle_plus

心理セラピー(心理療法)では、「嫌われるのがこわい」を解消したり、ありのまま(人から好かれなくても)の自分に価値があるという深層心理状態を目指したりします。

一方で、好印象を与える振る舞いを習得することで人間関係が改善し、幸せへ近づくことも事実です。

はたして、嫌われえるのを恐れた方がよいのでしょうか、恐れない方がよいのでしょうか?

人の顔色をうかがっていたり、偽の笑顔で本当の気持ちがわからなくなっていては幸せになれない。しかし、仏頂面で人に気を配らないでいても幸せになれない。

人の顔色をうかがいながら(嫌われることを恐れながら)、人に好かれる技術をもっていない、ということが想定できます。

ということは、嫌われることを恐れず、しかも人に好かれる技術ももっている、というこもまた想定できるはず。

というわけで、「嫌われることを恐れる⇔恐れない」と「嫌われない技術をもっていない⇔もっている」の2軸のマトリックスでとらえるとよいのではないかと。

the-way-of-likability-0

「嫌われるのがこわい」を手放した先に「人から好かれる」という世界があると実感できない、または「嫌わる勇気を持つ」とはどんな感じなのか知りたいという方は、こちらの心理コンサルティング/カウンセリングでご相談できます。

自分が上の図のどのあたりにいるのか、自分で気づいてみたいという方は、「自分の気持ちに気づく能力」メール講座もご参考に。

 
心理的な相談をしたい方は、個人セッションをご検討ください。⇒サービス案内
 
自分に嘘をつかない生き方のメール講座はこちら。⇒無料購読
 
ブログ更新をメールでお知らせ→

関連記事
【対処法】反論して言い負かしたくなる... 人の話したことに対して、反論したくなったり、言い負かしたくなったりする性質が強いと、体力も精神も人間関係も消耗します。 たとえば、知人から何かアドバイスを受けて、それを実行したくないとき。猛烈に反論してしまう。 たとえば、誰かが言った意見が自分の考えと違っていたとき、言い負かしたくなって...
「嫌なのに人の誘いを断れない」ときに必要な、自分と向き合うための質問... 「嫌なのに人の誘いを断れない」というケースについてお話します。 嫌なんです。本当に嫌なんです。友人は「断ればいいじゃないか」と言います。でも、どうやって断ればいいかわからない。 たとえば、こんなケースを例に挙げましょう。 「上司から昼休みのランチに誘われるが、断れずいやいや同伴して...
いい人をやめると、悪い人になるの?... 人から嫌われることを過剰に恐れて、人の顔色を伺う生き方をしていると気づいた人に、その深層心理を解消することを勧めると、かなりの確率で「楽にはなりそうだけど、悪い人間になってしまいますね」と躊躇します。 実際のところ、その心配無用のことが多いです。 でも、いい人ではなくなるかもしれません。...
人を緊張させない褒め方 人には承認欲求というのがあって、誰しも褒められたいと思っている、と言われています。 では、褒められると幸せになるのでしょうか。 「褒められると不安になる」、「褒められるのが苦手」という人もいます。 褒めることについては、いろんな側面があるのですが、ここで1つの視点を提供してみます。...

Facebooktwittergoogle_plus

The following two tabs change content below.
心理療法セラピスト 上野貢潤

心理療法セラピスト 上野貢潤

代表ファーストブレス
~自分の心と対話する~ 心理療法セラピスト/Points of You マスタートレーナー
カテゴリー: 視点・本当の問題 タグ: , パーマリンク