人は「困難」という言葉をおそれます。

Facebooktwittergoogle_plus

人は多くの場合、実際にどうであるかではなく、どうあるべきかを答える。

たとえば、「困難」は無い方がよいので、「困難は無い」と言う。その結果、「困難」は見えない敵となる。

人は多くの場合、「実際にどうであるか」を観ることができない。

もがきながら「なにも困っていません」と言う人は多い。

人は多くの場合、「目をそらす」という言葉の意味が見えない。

コンサルタントを雇っても、ビジネスは失敗する。個人事業でも、大企業でも、数々のの例を見ました。問題から目をそらして、対処法も見えなくなります。

困難や問題が「闇」なのではありません。見えなくなるから「闇」と呼んでいます。

困難に直面したとき、大抵は数分以内に次のどれかが起きる。

闇をおそれたとき、困難から目をそらす。冒険を避けるために。

闇にのまれたとき、困難は受け入れて、答えから目をそらす。自分の不幸を証明するために。

闇をアートするとき、困難を受け入れて、答えも受け入れる。自分らしく生きるために。

個人の場合の典型的な台詞は「悩みはありません。別に幸せになろうなんて思ってませんから」。

写真カードの中にさりげなく、「困難」というシリーズがあります。

「困難」を扱う講座てす。「きっと○○○○にちがいない」とあなたの心は自動的に思います。

人は多くの場合、「困難」や「悩み」という言葉をおそれます。

言葉をおそれます。

実践講座の中で一番、簡単で、軽いテーマです。

残席2

自分らしい頑張り方とつながる Points of You 実践講座 Difficulty & Identity編

関連記事
辛いことがあっても、幸せも感じていい... 幸せを諦めそうになるとき、こんなふうに考えていませんか? 「人生は辛いことだらけだ。それらはとても無くなりそうにない。だから幸せになるはずない」と。   辛いことが無くなるまで、幸せは来ないのでしょうか。   また、辛いことがなくなれば、幸せになれるのでしょうか。 &...
ネガティブかポジティブかではなく、本物かどうか... 本当の自分を生きたい? 本当に? 抑圧されたネガティブと、それを隠すためのポジティブやネガティブがあるとしたら。 あなたの望みは、これじゃないですか? 本物のネガティブと、 本物のポジティブ。 そして、あなが怖れているのは、これじゃないですか? 本物のネガティブと、 本...
医療・心理職者のためのマインドフルネス研修会... 医療・心理職者のためのマインドフルネス研修会 Mindfulness for Mind-Body Medicine に来てみました。ティクナットハン禅師の流れをくんだ御一行の来日イベントです。Google本社などでも研修してますね。 参加者の方々は、カジュアルだけど上品な身なりの印象。みなさん...
ペルソナ(顧客像)を明らかにするメソッド... にしうらみき さんが開発中のPoints of You(写真カード)応用メソッドをみせてくれました。 ペルソナ(顧客像)を明らかにしてゆくものです。以前のプロトタイプをみたときから、興味ありまして、ちょこっと開発にお付き合いしました。 マーケティングにありがちなワークシート苦行ではなく、...

Facebooktwittergoogle_plus

カテゴリー: Points of You, 視点・本当の問題 パーマリンク