本当の自分を知るために、助けになる人は?

Facebooktwittergoogle_plus

本当の自分を知るためには、本当の自分を責めないという態度が必要です。

責めるとは、評価したり、正そうとすること。

もしも、本当の自分を知る目的が、自分を非難したり、正すことなら、本当の自分は現れないでしょう。

悩みを解決する、ある症状を無くすというのは、評価でも正すことでもありません。

解決することと、変えさせることを混同しているので、本当の自分が隠れるのです。これは、目の前にモノが飛んできたときに目を閉じるくらい自然なことです。頑張っても無駄です。

あなたを評価したり、正そうとする人を心の支援者に選んではいけません。

変化させるのではありません。自由を与えるのです。

「あなたを変えたい」ではなく「あなたを自由に」と思っている人を選びましょう。

本当の自分を知る人は、自分を責めない人。それができれる人ほど、他人の本当の自分も責めない。そういう人は、あなたの本当の自分に出会う助けになるでしょう。

そのような人かどうか確かめるには、その人がムキになったときに、「なぜムキになっているのですか?」と訊ねます。その問いを受け止める(答えるかどうかは別です)か、その問いをかき消そうとするかがヒントになります。

心を開けない人の前で心を開くのは、お互いにとって危険です。

心を開けない人は、他人の心の箱が開とその中味を正したくなります。いくらカウンセリングの勉強をしても、それは避けられません。

泣いたことがない人の前で泣いても、癒やしの助けにはなりません。涙枯れたことのある人に見守ってもらいましょう。

涙枯れたことのない人は、怖れに対してもろいです。

少しずつ試し始めれば、あっ、大丈夫と感じるのは、案外遠くないかもしれません。

 
心理的な相談をしたい方は、個人セッションをご検討ください。⇒サービス案内
 
自分に嘘をつかない生き方のメール講座はこちら。⇒無料購読
 
ブログ更新をメールでお知らせ→

関連記事
心理専門家は誰を友達だと思うか その1... あなたは誰を友達に選んでいますか? あ、そもそもですが、友達は自分が選んでいるのですよ、自分が。 一緒にいる時間の長さでおなく、好き嫌いでもなく、心理的な面から、こんな友達がいいなと思うポイントを挙げてみます。 その1:肝心なときに、余計なアドバイスをしない人 なんですが、その趣旨...
カウンセラーやセラピストの選び方 カウンセラー、セラピスト、コーチ、コンサルタント等の対人援助プロフェッショナルを選ぶときのポイントにつて。いろいろありますが、プロとアマの大きな差が出る、最も基本的なところはこれです。 ・本人(クライアント)が何を望んでいるかを確認する人であること どんな目的のためにセッションを行うかを...
綺麗な心でいたい人はセラピスト向かない... 今回は心理セラピーの技法のお話。心理セラピーもいろいろあるのですが、多くのカウンセリングに共通なこと。 セラピストはクライアントの話にたいして、次の3種類を返すことが出来ます。 ・反射 ・オウム返し ・解釈 「反射」は、本人の感覚をくみとること。セラピープロセスを進めるにはこれ...
カウンセリングに行くのは弱い人間か? ~ 正すこと、赦すこと... カウンセリングに行くのは弱い人間だ、と思っている経営者や男性は多いです。実はこれは日本の場合です。欧米では、エグゼクティブはカウンセラーを雇います。 コンサルタントは正すのが得意。カウンセラーやセラピストは赦すのが得意。 「正すことでしか進歩はない」「赦したら悪くなる」と信じているのであ...

Facebooktwittergoogle_plus

The following two tabs change content below.
心理療法セラピスト 上野貢潤

心理療法セラピスト 上野貢潤

代表ファーストブレス
~自分の心と対話する~ 心理療法セラピスト/Points of You マスタートレーナー
カテゴリー: 心理セラピー(心理療法)関連 タグ: , パーマリンク