「自分にとっての幸せって何だろうか」

Facebooktwittergoogle_plus

ある人が言いました。

「私も最近考えるんですよ。自分にとっての幸せって何だろうかって」

私たちは、悩んだり、気づいたり、励まされたり、出会ったり、試行錯誤しながら、自分にとっての幸せを考えてゆく。

それは謎解きのようだなと思います。心と人生の謎解きです。

驚きや感動もあり、不安や落胆もあり。一歩進むごとに、少しずつ見えてきます。

真剣なんだけど、クスッと笑うこともあります。

それと、分からないことがあったり、迷ったりしても、いいじゃないですかとも思います。

時には出会った人達と協力し合うのも謎解きに似ていると思います。

心理セラピー(心理療法)の観点では、謎解きのカギは、生きる許可幸せの許可自己重要感など、自分を大切に思えること、それと他者に対する世界観です。繰り返しているパターンもヒントになります。

自分にとっての幸せを探しましょう。

関連記事
なぜ人には寿命があるのでしょうか?... なぜ人には寿命があるのでしょうか。 ここで関心があるのは、肯定的な意味(なぜ神様は人に寿命を与えたの?)です。 ※生命科学的な理由は、細胞を作る回数(DNA複製の回数)に上限があるからだとか。 ありのままの自分や他人に出会う どんな自分でも素敵。 (いきなり、すぎま...
辛いことがあっても、幸せも感じていい... 幸せを諦めそうになるとき、こんなふうに考えていませんか? 「人生は辛いことだらけだ。それらはとても無くなりそうにない。だから幸せになるはずない」と。   辛いことが無くなるまで、幸せは来ないのでしょうか。   また、辛いことがなくなれば、幸せになれるのでしょうか。 &...

Facebooktwittergoogle_plus

The following two tabs change content below.
心理セラピスト 上野貢潤

心理セラピスト 上野貢潤

代表ファーストブレス
本当の自分を生きるための深層心理セッションを提供する 心理セラピスト/経営心理コンサルタント。
カテゴリー: 視点・本当の問題 タグ: パーマリンク