「自分は自覚出来ない罠にはまっているかもしれない」

「自分には見えていないことがある(かもしれない)」「自分は自覚出来ない罠にはまっているかもしれない」と仮定する能力をNot Knowingと言ったりしますね。

これ、心理課題、心理トラップの解決の鍵になることがあります。

男性経営者は苦手な傾向があるやうです。これからの時代は異なる予感もしますが。

Not Knowingを使うことが出来なくて罠から逃れられない人の共通点として、こんなことを言います。

「わかってますよ。自分には見えていないことがあることくらい、わかってますよ」

ホントに言います。

この手の人たちが悩み相談することはありますが、カウンセリングを正式に申込んで料金を払ったことはありません。

なので、カウンセリングを申込んでくるクライアントには、すごいなぁと尊敬するわけです。

※当サイトのブログ記事は私見を含みます。また、全てのケースに当てはまるものではありません。ご自身の判断と責任においてご活用ください。

※当サイトの事例等は本質を損ねない範囲で合成・再構成によるフィクション化をしています。

- protected -