CATEGORY

カウンセリング業界

心理支援業界の舞台裏など。

  • 2022-08-30

心理支援職におけるイニシエーションの危険性

大学で心理学を学ばずに心理職になることを批判する人があります。また、大学で学ばずに資格をとる人たちを許せないと言う人もいます(Gルート批判など)。もちろん批判している多くは、大学で臨床心理を学んでいる人たちです。まあ、一部の人たちらしいですけど。 似たようなこととしては、心理職が社会的に認められるこ […]

  • 2022-08-29

第5回公認心理師試験の結果/振返り

重い腰を上げて受験した公認心理師試験の合格発表があったので、自分の気持ちに基づいて振り返ってみたいと思います。 試験の結果 Kojunの合格通知も届きました。 192点です。合格者の中の上位3%くらい。(プロロゴス分析データを基に推定) ※合格しましたが登録手続きをしていないので、いまのところKoj […]

  • 2022-08-03

心理セラピストの師弟関係

師を持つことは講座受講とは異なる 知識だけを学んで心理支援者になる人が増えているという懸念がささやかれています。 心理セラピストが学ぶプロセスで、知識以外のことというと、クライアント体験と、師弟関係が思い当たります。 クライアント体験については、ネイティブセラピストのトピックでいつも書いているやつで […]

  • 2022-07-21

国家資格「公認心理師」試験を受けておいた

個人的な受験体験を書いてみようと思います。 受験を決めるまで 国家資格制度ができたときに、何人かのクライアントに「資格はあった方がいいですか」と尋ねてみると、「あはは。資格なんて信用しませんよ」と言われました。私のクライアントたちは資格を求めていないことが判りました。 また、資格取得に飛びつく人たち […]

  • 2022-07-11

天使のエビデンス、悪魔のエビデンス

情報を吟味するときに、天使のエビデンス、悪魔のエビデンスを区別しています。 天使のエビデンス 自らの実践をより発展させるために、実験結果やデータを活用とするエビデンスの使い方。 たとえば、PEとう手法の研究者が「PE単独での成果と、PE+CPの組合せた場合の成果を比較する実験を行い、PE単独の方が成 […]

  • 2022-07-08

在野の心理セラピストがアヤシイというのもわかる

こんにちは、在野の心理セラピストです。 権威のあるもや公的なものは信用されやすい。そして、私たち在野の心理セラピストはアヤシイものとして非難される。 でも、医師とか教授とかエビデンスのあるメソッドとか有資格者とか公的な相談機関だとか、そういったところで助からなかった人たちが、試行錯誤して、ご自身なり […]

  • 2022-06-22

心理カウンセラーは占い師より偉いのか!?

占い師にモヤモヤする心理カウンセラー 占いを嫌う心理カウンセラーっています。まあ、わからなくもないです。似ている生業だからでしょう。 苦しんでいる人たちからお金を騙し取っているみたいな・・・・。 心理専門家の実証主義が、占いやオマジナイなどへの反発心であるは、よくあることかもしれません。 それによっ […]

  • 2022-05-25

認知行動の先生が精神分析の先生を叩く

精神分析の先生と認知行動療法の先生の間でありがちな討論を書いてみます。 認知行動療法の先生(以下、CB先生)は思想だのが嫌いで実証研究が人を救うと信じています。(すべての認知行動療法家がそうではありません) で、CB先生は精神分析の先生(PA先生)に言います。「で、けっきょく精神分析で治るんですか、 […]

  • 2022-03-30

精神科医もPTSDを知らない

診断基準の内容を熟知して、診断ができるとしても、それはPTSDを知っていることにはならないと思います。 ある女子中学生が同級生たちに継続的に性暴力を受け続けて亡くなった事件がありました。 自殺に先立って精神科医からPTSDの診断を受けていたそうです。 PTSDになるということは、なんらかの事件に巻き […]

  • 2022-03-12

大学教育と資格制度でダメな心理カウンセラーを撲滅!?

「無資格のカウンセラーを撲滅せよ」と言っている心理士がいたり、「資格の有無は関係ない」というカウンセリング体験者がいたりします。 このように言われるときの資格とは、大学の臨床心理教育を受けた人に受験資格のある資格(主に臨床心理士と今後の公認心理師)のことです。 海外には社会人経験のない人にはカウンセ […]

  • 2021-12-29

感情を扱うセラピーが形骸化している

私の感情を出す心理セラピーは、古くて新しいです。古くは煙突療法などとも言われていて、力動アプローチという心理療法の主流の1つに含まれます。ですが、時代とともに変化もしています。 一方で、最近は「感情をアップしない」のが心理療法の流行りです。 地位の高い先生方とお話していると、感情を表出する心理セラピ […]

  • 2021-12-01

心理セラピストの勘と経験を禁止する風潮について

エビデンスに基づいたカウンセリングやセラピーをしましょうっていうのが流行っていて、業界団体なんかもそんなことをうたっています。 私はクライアント側の立場では、セラピストや医師の勘と経験にずいぶんと助けられてきたので、勘と経験に対して謝礼を払うのはやぶさかではないです。 「勘と経験だけではなく、実証的 […]

  • 2021-11-28

当事者は心理専門家を待ってられない

教科書的に正しいこと以外は間違っているという風潮 そんな風潮が臨床心理の世界にはあるようです。 教科書に従っていない心理支援者を「自己満足のカウンセリングをしている」とつるし上げる風潮。 「最新の学術情報を知らないんですかあ?」と非難するみたいな専門家もいるそうです。 教科書に従って仕事をする専門家 […]

  • 2021-11-25

医療機関と開業カウンセラー

開業セラピー/カウンセリングというのは、機関に属していないのでチーム医療といった感じではないですが、たまにクライアントに医療を勧めたり、紹介したりすることはあります。 たとえば、摂食障害でかなり痩せているとしたら、根本原因が心因だったとしても、医療には接しておいたほうがよいでしょう。ちゃんと内科もで […]

  • 2021-11-13

心理セラピストはアヤシイ

先日、心理カウンセラーの育成のしかたについての討論を聴きました。ある先生たち曰く、日本は変だという。カウンセリングをほとんどしたことがない人が大学でカウンセリングを教えていたするんだとか。日本では投資家として成功していない人が大学で経済学を教えているなんて話に似ていますね。 そういえば、心理療法はや […]

  • 2021-11-01

心理職はどのように成長するのか

サイコロジストの最終段階はネイティブセラピストのスタート段階に似ている サイコロジスト(心理士)の成長モデル(六期モデル)というのがあるそうで、大学で心理学を学んだ人たちを対象に調査して作られたので、当然ながら大学で心理学を学んだようなサイコロジストに当てはまるモデルです。 その最後の段階の説明とし […]

  • 2021-09-20

学歴で心理カウンセラーを淘汰せよ!?

あなたは、どう思いますか? これは、カウンセラーやセラピストを探している人も、一度考えてみてよいかと思います。 心理カウンセラーや心理セラピストに学歴は必要か? 大学で臨床心理学を学んでいる必要があるか? 対話すらできない心の専門家たち 大学院までいってないとダメとか、アメリカに留学してないのはダメ […]

  • 2021-09-18

精神医療と心理セラピーの違い

と言っても・・・いろんな心理セラピストがいます。精神科医もいろんな側面があるでしょう。 なんですが、精神科医っぽい態度(サイコロジストも含む)と心理セラピストっぽい態度について、こんな傾向があるんじゃないかなという観点を書いてみます。 医療モデルと心理支援モデルとでも呼びましょうか。 アセスメントの […]

  • 2021-08-22

「自殺防止」という言葉に冷淡さを感じます

ずっと前から、叩かれそうになりながら、ひっそりお伝えしていますが、私は「自殺予防」とか「自殺防止」という言葉に違和感を持っています。 これまで自殺防止とは、たいていはゲートキープ(自殺しそうな人を止める)のことを指していて、それはそれで必要なことでもあるのですが、そもそも死にたくなる事態をなくさなけ […]

  • 2021-08-15

適切な心理アセスメント!?

サイコロジスト的なスタイル 私のスタイルとは異なりますが、サイコロジストのお仕事なんかだと「適切な心理アセスメント」が必須とされています。こんな感じでしょうか。 アセスメント → 手法の選択 → 説明 → セラピーの実施 そうしないと、間違った手法でダラダラと費用と時間を使わせてしまうということです […]

  • 2021-06-29

「科学主義」と「本人中心主義」を比較してみます

すべてにおいて正反対とは言いませんが、「科学主義」と「本人中心主義」を比較してみようと思います。 科学主義 「支援者の勘や経験に頼らず、エビデンスに基づいて判断する」 エビデンス エビデンスというのは、主に統計的手法によってい、治療法の効果が検証されたことをいうようです。 こちらの記事に、その限界を […]

  • 2021-04-24

心の悩みの相談先、3つのセクター

厚生労働省が均一化を推し進めていますが、心の悩みの相談先は本来は多様です。 相談先を探したり、組み合わせるには、ここで述べる3つのセクターを意識すると見通しがよくなるかと思います。 ここに述べるのは私見ですが、医療文化人類学のArthur Kleinmanを参考にしています。 ユーザー・セクター 家 […]

  • 2021-04-09

心理学は科学か?

理学部出身の私ですが、心理学は科学ではないと思っています。 特に臨床心理学は、科学である必要もないでしょう。 心理セラピーもまた、科学的である必要はないと思っています。 心理セラピーのクライアントは、幸せになりたいのであって、べつに科学的な人生を送りたいわけではないので。 科学的な心理療法もあっても […]

  • 2021-03-20

カウンセラーの「傾聴」が気持ちわるい!?…からの「共感」を捨てるトレンド

「カウンセラーの共感しまっせな構えがキモい〜」 そんな話ありますね。私は「業務スキルくささ」と呼んでますが。 「傾聴」にまつわる技法の変遷を見てみましょう。 二十年前くらいは非指示療法(ノンディレ)が流行しました。カウンセラーは話を聴くだけで指示も助言もしないというものです。 カウンセラーは意見のな […]