心理セラピーに手応えがあったとき、Kojunがよく「その感覚をよく覚えておいてください」と言います。それはせっかく解消したトラウマに戻ってしまうのを防…

精神力動アプローチは呪術儀式みたい!?

心理セラピーの精神力動アプローチは感情に触れて涙や怒りの動作を表しますので、呪術儀式みたいと言われることがあります。そうだと思います。昔の人たちは人間に必要なこ…

心理療法の浅い/深いの選択例

心理療法(心理セラピー)に浅い、深いという区別がでてきました。以前は深いのがよしとされていたのですが、浅いセラピーも流行しています。深いセラピーはセラピスト…

ウーンデッド・ヒーラーのピアジェ風発達

子どもの発達過程と似たプロセスが、人生の中で様々に再現されることがあります。ウーンデッド・ヒーラー(傷ついた癒し手)(傷つき体験の当事者が心理支援職になる適性…

「心の悩み」「精神疾患」などの言葉

米国などでは、社会的立場のある人がカウンセリングを受けます。映画『スタートレック』のカーク船長もカウンセラーと話をしていますね。日本ではカウンセリングを…

「恐怖症」の心理セラピー

Kojunのところで取り入れている恐怖症の心理療法(心理セラピー)について。そもそもそれは「恐怖症」なのかまず、「〇〇が恐い」が全て恐怖症である…

大人向けの心理セラピー

いまのところ、私の心理セラピーは子供向けには提供していません。心理セラピーのスタイルが「自立を促す」ものだからです。それは「甘えるな」ということではな…

心理セラピーの、説明するか、説明しないか

心理セラピー(心理療法)をやっていると、「あのとき、相談者(クライアント)に起きていることを説明しておけばよかった」と後悔・反省することがあります。でも…

「性暴力被害」の心理セラピー

約8割が世間に知られないと言われています(女性被害者の場合)。実は非常に多く発生している出来事だと思います。変な言い方で申し訳ありませんが、たくさんの仲間(声な…

絶望を感じて、本当に前向きになる

あることについて最近やっと自分がこの世の中に絶望していることを感じるようになりました。拗ねていることは以前からありましたが、そうではなくてちゃんと絶望を感じる…

恐怖や不安について思うこと

恐怖症とか不安症というようなものについて、思うことがあります。たとえば犬恐怖症の場合、犬に噛まれることを自動的に想像していたりします。そこで、「噛まないよ」…

心理セラピストに向いているのは

人の心のシャッターを抉じ開け(こじあけ)ようもすると、なかなか開かない。そもそもシャッターとは抉じ開けられないために作り出されているので。それを…

治すことより大切なことがある場合

心理セラピーというのは、病気を治すという感じではないんですよね。私設心理相談室にには、「(解決したいけど)治したいわけじゃない」という人も来ます。…

心のお悩みにもいろいろありまして

私の立ち位置をおおまかに示すために、心のお悩みを分類してみたいと思います。A.特性たとえば発達障害、性的マイノリティー。私のところでは、生き方…