CATEGORY

雑談

【雑談】心理セラピストからみた「占い」

「占い」って、心理職の私からみると、どんなものでしょうか。 ※「占い」といってもいろいろありますが、ここでは古来からある「卜占(ぼくせん)」、偶然に意味を施すようなものについてです。 ※「あんた、このままでは不幸になる」のように、決めつけて、人の可能性を狭める類は除外します。 私や心理系の同業者にみ […]

一万円の権利を千円の品と交換できるか

一万円以内の商品と交換できる券1枚もって量販家電店に入ります。一万円の商品ではなく、自分を幸せにする千円の商品と交換することができるようになるのは結構難しいようです。 美人に限らずね。 このゲームを有利にするものは、すでに幸せを感じていること。 失敗するコツは、幸せを感じていると思いこもうとすること […]

タイプ論による人間観の時代は終わっていると思う理由

性格分類などのタイプ論は楽しいです。「○○診断」「○○占い」とか。 人は自分や他人にラベルを貼ると安心します。(タイプ論に限らないですが) タイプ論セミナーでは、質問者が長々と質問した後につぶやきます。「ふー、これでわかったわ。だからうちの旦那は、ああなんだ」。 タイプ論を覚えて人を診断してあげると […]

相談会イベントの後の相談員たち

合同カウンセリング会とか、相談会イベントの後の振り返りに参加してみて思うこと。 アマチュアの会では、今日の相談者さんはどうだったかと話します。 プロの会では、今日の自分はどうだったかと話します。 アマチュアの会では、「ありがとう」と言われることが励みだと言います。 プロの会では、「ありがとう」と言わ […]

カイル・メイナード氏をみて

両手両足のない登山家カイル・メイナード氏の講演をみました。 同氏はご自身の身体障害どうのを理解する前の幼少の頃から、困難な作業へのチャレンジと達成感を知りました。数時間かけてスプーンを使い、40分かけて靴下を履き、アメフトをし、達成してゆくうちに、世界最高峰に達したのだそうです。 結局のところ、偉業 […]

マイナスからゼロって、なんやねん

セラピーはマイナスからゼロへのプロセスだと言う論説があります。 しかし、セラピーのプロセスを経て幸せを感じている人、味わい深い人生を楽しんでいる人たちがいます。というか、たいていそうなってるでしょ。 「セラピーはマイナスをゼロにするものです」と言わず、「私はマイナスをゼロにするプロセスにしか立ち会え […]

セラピストがクライアント(来談者)から「もらっちゃう」って?

セラピストなんてやってると「もらっちゃわないですか?」とはよくきかれる。一般の人の質問は自然ですが…。 しかし、ベテランのプロから「もらっちゃうやよね」と言われるとは、なかなかの驚き。そういう人は「セラピストはクライアント(来談者)の人生に責任がある」と言う。クライアントを無力な者としてみている。扱 […]

やりたいことが、やり尽くされる人

かつては、「やりたいことが、やりつくせないほどたくさんある」と思っていました。 「やりたいことはやりつくした」という年長者たちの言葉を聞いて、ふと思います。その方々にも、未だしたことないことはあるし、まだ行ったことがない場所もあるし、食べたことがない美味しいものもあるはずです。しかし、「やりたいこと […]

【雑談】NHKスペシャル「発達障害~解明される未知の世界~」を視て徒然

NHKスペシャル「発達障害~解明される未知の世界~」、今月はまだネットでみれます。 ⇒NHKオンデマンド 「こんなことをする人」と行動で定義されていたが、「こんなふうに感じている人」と当人の感覚で定義されるようになってきているらしいです。   この番組の内容とは直接関係ないことですが、ふと思ったこと […]

「やりたいことは全部やったから」という言葉

ある筋の年配の方々の会話の場にいると、健康とか病気の話題がでることもあります。 そんなときよく聞くのは・・・ 「やりたいことは全部やったから」 という言葉。いいなあと憧れませんか?   「やりたいことは全部やった」というと、たくさんのことをやるイメージかありますか? こういう人のお話を聞い […]

医療・心理職者のためのマインドフルネス研修会

医療・心理職者のためのマインドフルネス研修会 Mindfulness for Mind-Body Medicine に来てみました。ティクナットハン禅師の流れをくんだ御一行の来日イベントです。Google本社などでも研修してますね。 250人の参加者の方々は、ほとんどマインドフルネスの実践者です。カ […]

人は「困難」という言葉をおそれます。

人は多くの場合、実際にどうであるかではなく、どうあるべきかを答える。 たとえば、「困難」は無い方がよいので、「困難は無い」と言う。その結果、「困難」は見えない敵となる。 人は多くの場合、「実際にどうであるか」を観ることができない。 もがきながら「なにも困っていません」と言う人は多い。 人は多くの場合 […]

逃げる人と、喜ぶ人に分かれます。

以前、心理系の入門講座を覗いてみたことがあります。 そこでは、目の動きで人の心が読めるとか、こうすれば人を操作できるというようなことが講義されていました。 これは大変ウケがよく、受講者たちは笑顔でうなずきながら大喜びでした。そして、何割かの方はその場で本講座の申込みをする大盛況。 人の心を読む、人を […]

マインドフルネスは「集中」と「広がり」

熊野宏昭教授の講演におじゃまいたしたした。 マインドフルネスの報道が改善されてきたようです。 マインドフルネスは「集中」と「広がり」と説明してるのに、それを取材したテレビでは「集中」だけが報道されてきた。そんな取材はお断りと主張して、やっと、ちゃんと報道してくれるようになってきたそうです。 どおりで […]

「頭で考えてはいけない」と言うけれど

「頭で考えてはいけない」、流行ってますね。 たとえば、こんなことがあります。 自分の意見と異なる意見を言われたとき。 たいては、自分の意見にも、相手の意見にも、それなりの大切な発想というものが背後にあります。 自分の大切な発想を大切にしたいがために、相手の意見を否定したくなります。 しかしながら、ケ […]

五感を使う発想法

Points of You(写真カード)をインスピレーション・ツールとして使うことを、 五感を使う発想法 と呼んで、紹介しております。これは、ロジックを使わないこととでもいいましょうか。 カエルの写真カードを観て、「これは温かいですか?冷たいですか?」と質問されたときに、「カエルは爬虫類なので、温か […]

【おすすめイベント】『成長する絵画』展

『成長する絵画』展 2016年10月8日~10日,13~16日 ~重度脳性まひ4人の若者の10年目の作品から、 人を表現に向かわせる内なるチカラと、 人の関わりを考える。 写真や石を使って心と対話する方法を取り入れている私は、抽象画などとても好きです。 とくに、作為を手放した絵などは非常に楽しいです […]

必要なことが揃うことはあまりないが、十分なことが揃うことはある

新しい生き方へ踏み出すために、必要なこと・・・それは、「必要なものを揃える」という発想を脱すること。 「目標を決めて、そのために必要なものを揃える」、これちょっと危ないのです。 「必要なものを揃える」というのは、「できない理由を探す」ということと心理的に相性がよいのです。 一般的に、新しい生き方を模 […]

現実にはあり得ない絵が、現実を表す

だまし絵といえのは現実に有り得ないものを描くと思っていましたが、これらのやまと絵を観ると、この矛盾こそ現実世界だなと思いました。 細部は矛盾だらけ、全体は絵になっている。人間関係も、人生も、個人の心も、世の中も、そのようなものかもしれません。 たとえば、「頑張らなくていいけど、頑張るぞ」とかですね。

人の役に立つ必要のない者を友としたい

雑談です。 「人の役に立ちなさい」「人の役に立ちたい」 場合によっては、不気味な言葉。荒んだ心へ投げかけるような。 具体的な相手も、具体的なシーンもなく、 ”人のお役に立つ自分” だけがある。 あるTV番組で、障害を持つ姉の世話をしている少女が、「将来は医者になりたい」と言っていた。そこには具体的な […]

余計な同情の言葉もなく

つくづく思うのは、人に嫌われたくない、人に好かれたい、というのが強い人はセラピスト向いてないです。セラピストが好かれるためのセッションほどひどいものはない。   人が悩みをうちあけたとき、こう言ったら好かれるだろうな、こうやったら優しいと思われるだろうなという場面は多々あります。それを取り […]

人はあるとき、本当の気持ちを言わずに何かを求めることを覚えます

ママが子供に「ここで待ってて」と言ったら、子供が泣き出しました。「足が痛い」とか「帰りたい」とか言っています。 ママが「帰りたいの?」と訊くと激しくわめきます。どうも本当は違うようです。 「ここで待ってて」と言われて沸き出た気持ち(感情)は、なに? でも、「置いていかないでほしい」とかは言いません。 […]

【雑談】変な人はあなただけではない

人から変に思われるのではないかと心配して、小さく生きてしまっていませんか? 多少は変に思われても、それはたいしたことではないのかもしれません。 独りでファミレスに長居しておりますと、目の前のテーブルにいろんな家族がいらっしゃいます。 お母様が「虫が!虫が!」と連呼して、テーブルを移動していきました。 […]

>note もよろしく

note もよろしく

noteでは、もちょっとホンネでつぶやいています。