コンフォートゾーンの外に引きずり出そうとすると、コンフォートゾーンから出るのが苦手になる

Facebooktwittergoogle_plus

「コンフォートゾーンの外へ出ろ」と言われます。日々チャレンジしてください。でも、出ろと言われるほど出れなくなる、という場合は、注意が必要です。

コンフォートゾーンの外が恐いのか、他人によって追い詰められるのが恐いのか、どちらでしょうか?

ところで、内なる自分に触れて、守りを解いたとき(正直にありのままを観たとき)、変化が可能になります。この状態は、変化が可能だけど、無防備な状態です。ここで、他人が何かを押し付けると、トラウマ的なことが起こります。

襲撃されるなどの経験がトラウマをつくることがあります。自分の自由意思が力づくで踏みにじられて、拒絶できないという経験をすると、境界(自分の心は自分のものであるという防波堤)が壊れます。そして、心理的に不安定な状態が続きます。ショックトラウマの一側面です。

コンフォートゾーンの外へ出るというのは、もともとは本人が望んでいないことです。「Don’t think, feel!」などと言って内なる自分に触れさせておいて、守りを解いたところで背中を押すというセミナーが流行ったことがあります。あるいは知人や上司からそのようなことをされた人もあるかと思います。これらは、セミナー主催者、知人、上司が出したい結果を出そうとするもので、本人が自ら選んでいるわけではありません。

心理セラピーのクライアント、カウンセリングの相談者で、「私は心が開けません」という人には、このような経緯があることがあります。

また、写真カードPoints of Youのワークショップなどで、自分の心に触れることに抵抗を示す人たちも、同様に事情があるのかもしれません。ですので、そのような人たちを「左脳型だ」とか言って見下したくはないのです。

本人が望んでいる状態になったときに、ちょんと背中を押すのは有効かもしれません。あるいは、「あんたの言うとおりにしてみたい」とう本人の望みが上回ったとき(すなわち、高度な信頼関係があるとき)なども、あり得るかもしれません。しかし、それらは例外的な特殊な状況です。

その例外的な特殊なタイミングを捉えることができる人(アドバイザー)がいたとしたら、その人は背中を押さないでいるという能力も持っているはずです。

信頼関係が出来ていない他人が家に勝手に入ってエアコンの修理をされるのは心理的に危険ということです。それをされると、エアコンの故障を隠すようになったり、修理を人に依頼できなくなったりします。

アドバイザーやトレーナーは善意のつもりなので、話し合うより離れるのがよい場合もあります。「本人のためだから強制してもよい」という行動は無意識に起こりますので、その性質がない(正解を知っているけど強制しない)人との出会いは大切にしてください。強制する人は、「私は強制はしない」と口では言いますのでご注意を。

コンフォートゾーンの外が恐いのではなくて、他人からモノのように操作される(ハンドルを奪われる)のが恐いのかもしれません。

「コンフォートゾーンの外へ出る」ことに強い葛藤がある人は、たいてい臆病なのではありません。コンフォートゾーンの外へ出る勇気がないのではなくて、別の問題かもしれません。そして、その別の問題はたいてい解く方法があります。

思い当たる方は、ご相談ください。

 
講座で直接会ってみたい方はこちら。⇒写真カードを使って自分の心と対話する講座案内

心理的な相談をしたい方は、個人セッションをご検討ください。⇒サービス案内

自分に嘘をつかない生き方のメール講座はこちら。⇒無料購読
 
ブログ更新をメールでお知らせ→

Facebooktwittergoogle_plus

心のトラブル - 対処法
こわくて動けないときの、軽めの対処法

「こわくない」と言わずに、 「楽しみだ」と言ってみるとよいですよ。心理カウンセリングで、プロセスを諦 …

心のトラブル - 対処法
「人より優れなければ幸せになれない」という刷り込み

自信なさとか、余計な競争心とか、他者評価に生きるとか、そういったもの奥に、劣等感とか劣等コンプレック …

心のトラブル - 対処法
ちゃんと泣く

ネイティブアメリカンの儀式でも、心理セラピーでも扱われる原始的な感情について。原始的な感情である、「 …