自分の内面に目を向けると、相手の気持ちをわかる準備ができる

人間関係

EQとは自分をみつめる力、「心の闇」に先を越されないで。

ある会社の営業グループで、講演セミナーをさせていただいたときのこと。

その日の内容は「大切なのは自分の感情に気づくこと」という内容でした。

見込み客が遠ざかるときには、

「あの人が商品を買ってくれないのは、その必要性をちゃんと理解していないだからだ」

というように、相手に目を向けるだけでなく、

「自分はいま売れなくて焦っている」

というように、自分に目を向ける必要があります。そうしないと、相手の気持ちがわかりません。

逆説的ですが、相手に目を向けていると、相手をありのままに観ることができないのです。自分に目を向けると、相手の気持ちがわかるのです。

そのように自分に目を向けることをEQ(心の知能。正確にはEI)の高さと言ってもよいかと思います。

そんな内容のセミナーでした。

しかしながら、自分に目を向けることは人にとって難しいのです。自分が観えなくなることを「心の闇(シャドー)」と呼んでいます。

あなたは自分に目を向ける(自分の感情・気持ちに気づく)ことが出来てると思いますか? ふふふ、「心の闇」の力をなめてはいけませんよ。

そのセミナーの直後、参加者の営業マンが言いました。

「ほっとしました。いままでは見込み客がなんで買ってくれないんだと苛立っていました。これからは、買ってくれないときには、この見込み客はEQが低いんだなと思えば気が楽になります」

この営業マンの方、相手ではなく自分に目を向けることが大切であることを学んだ直後に、その知識を使って、自分ではなく相手に目を向けているのがわかりますか?

心理を学べば、「心の闇」はすぐにその知識を使い始めます。学んだことをすぐに実践しなければ、「心の闇」に先を越されるわけです。

その営業マンの方が特殊なのではありません。これが誰もが持つ「心の闇」のおそろしい力なのです。

この文章を読んでいるあなたも、自分の周りにもそんな人いるかなと思ったり、誰かさんのことを思い出したりして、もう他人に当てはめようとしていませんか?

そんなことはないと思っているあなたも、数日後にはやってるかもしれませんよ。

詳しくは、実践講座Journey編で扱います。自分の「心の闇」を見たくない方は、リンクをたどらずにページを閉じましょうね。

心の闇を抜ける英雄の旅

The following two tabs change content below.
心理セラピスト 広義トラウマの解除/生きづらさ改善(人生を支配するパターン、自己肯定、アダルトチルドレン、性暴力被害の過去、いじめトラウマ、PTSD、喪失、対人不安、愛着不安定、恐怖症など)を扱います。
人間関係
余計なアドバイスは赦しのプロセスを妨げる

よく対人支援(とくにカウンセリング)やお友達の悩みを聴くときに、「余計なアドバイスはしない方がよい」 …

人間関係
お互いを変えようとしている場合

お互いに相手を変えようとしている場合、どちらも変わらない。 経営者は従業員に変わってほしいと思い、従 …

人間関係
あの人の問題を直すのがセラピストの仕事ではない

あの人の心の問題を治す/直すのがセラピストの仕事ではありません。 来談者の要望に基づいて心の問題を扱 …