人がチャレンジから逃げるとき

人がチャレンジから逃げるとき、逃げると決めてから、その理由を考え出します。そして、その理由があるから逃げることにしたのだと思い込みます。

それを止めさせようと思ったセラピストが「頭で考えちゃダメ」などと言ってみたりしますが、このメカニズムは人の心理法則なので仕方ないのです。

逃げることにした本当の理由は隠されます。それが隠されている限り、心は自由になりません。無意識の中の何かに支配され続けます。それによって、人生の中にワンパターンが生じます。

そのことを認めれば、その闇(隠された怖れ)が解ける可能性があります。その先には心の自由があります。一筋縄ではいかない場合は心理セラピー(心理療法)などの力を借りてもよいです。

「頭で考えちゃダメ」とかいう批判ではなく、「あはは、人間って面白いな」と闇を解き始めると、人生の心理面が豊かになります。

今年の目標から逃げるときに、思い出してくださいね。

The following two tabs change content below.
心理セラピスト 広義トラウマの解除/生きづらさ改善(人生を支配するパターン、自己肯定、アダルトチルドレン、性暴力被害の過去、いじめトラウマ、PTSD、喪失、対人不安、愛着不安定、恐怖症など)を扱います。
自分と向き合う
代理思考(怖れがつくりだす思考)

私が「怖れ」と呼んでいるものは、人が自分のネガティブ感情をないものとしようとする心理現象のことです。 …

マインドフルネス
痛みという能力のこと

本当の問題は見えないようになっていて、人によっては生涯自分の影を叩き続けます。 目を開ける方法は、目 …

人間関係
自分を信頼することに関して

ある人を信じてみると、自分を信頼できるようになることがあります。 誰がそのある人なのか、間違えると、 …