知識は人を救わない

公的な整備(厚生労働省?)はカウンセラーの質の底上げのために、知識、知識と言っているようです。

かくして、ひきこり支援団体の方いわく「心理士さんを何人も呼んで講演してもらったけど、なるど心理学はそうかもしれないけど、なんの役にも立たなかった」と。

セクシャリティに関する話をしていて私が泣きながら話したとき、カウンセラーはLGBT支援研修の知識をいかに早く捨てるかが問われた。

知識を習うのに1日かかれば、先輩の言う「知識を見るな。クライアントを見ろ」を理解するのに一年かかる。知識を入れ始める前にどれだけ体験しているかが、ずっと問われる。

師匠は「知識は人を救わない」と言いました。師匠のいうことを何でも信じているわけではないですが、この「知識は人を救わない」は後に身にしみルようになりました。

私はこのようにアレンジしています。「無知は人を苦しめるが、知識は人を救わない」

The following two tabs change content below.

関連記事

  1. なんだかユルいセラピーのスタイル

  2. 背中を押さない

  3. カウンセラーをする動機にもいろいろあるようです

  4. やりたくない理由は、無いのではなくて、不明なだけ

  5. 動かそうとすると、動かない

  6. 私は「勧善懲悪」が好きではないようてす

  7. 私の辞書に「素晴らしいメソッド」なんてものはない

  8. 心理セラピーの先輩たちから学んだこと