問題解決というよりも、生き方のセラピー

病を解消するというよりも、生き方のテーマを感じるケースがあります。

たとえば、対人不安でオドオドしてしまい、いじめられて、会社員生活がつらいというケース。このような場合、対人不安を解消すると、オドオドしなくなり、いじめられにくくなるというシナリオがあります。

ですが、いまの時代、それではすまないような気がするのです。

このような悩みの訴えの奥に、そもそも会社にいても幸せにはなれない、という世界観が見えます。

いずれにしても対人不安は解消しておくのがよいのかもしれませんが、解消することに希望がもてないわけです。

対人不安をきっかけに相談に来られるわけですが、根本は生き方の不安でということも。根本という意味は、それをなんとかしないと、成果が不安定ということです。

The following two tabs change content below.

関連記事

  1. 人を変えたい支援と、人を受容れたい支援

  2. 「性的マイノリティの心理支援」という差別目線

  3. 性別越境してから、笑うようになりました

  4. 人が亡くなったときに、「死んだ」と思うか「生きた」と思うか

  5. なぜ人には寿命があるのでしょうか?

  6. 「差別しないよ」の心理

  7. 認知行動療法それ自体も歪む

  8. 「うつ病になってない」が幸せの尺度なのは疑問です