問題解決というよりも、生き方のセラピー

病を解消するというよりも、生き方のテーマを感じるケースがあります。

たとえば、対人不安でオドオドしてしまい、いじめられて、会社員生活がつらいというケース。このような場合、対人不安を解消すると、オドオドしなくなり、いじめられにくくなるというシナリオがあります。

ですが、いまの時代、それではすまないような気がするのです。

このような悩みの訴えの奥に、そもそも会社にいても幸せにはなれない、という世界観が見えます。

いずれにしても対人不安は解消しておくのがよいのかもしれませんが、解消することに希望がもてないわけです。

対人不安をきっかけに相談に来られるわけですが、根本は生き方の不安でということも。根本という意味は、それをなんとかしないと、成果が不安定ということです。

The following two tabs change content below.
心理セラピスト Kojun(上野貢潤)
心理セラピスト/Points of You アドバンストレーナー(日本資格)/プラクティショナー
心理セラピー関連
「二次利得」という言葉で人を裁かないで

「二次利得」、人を馬鹿にした言葉です 心理支援の分野に、二次利得っていう言葉があります。これは病気や …

who is Kojun
立ち上がらない勇気

(恥ずかしがらずに、思いきって立ち上がってみよう。その小さな勇気や行動が未来を大きく変える」 そして …

対処法
自己肯定感とプライドは真逆!?

近年「自己肯定感」という言葉が流行っているようですね。いろんな意味で使われているようです。ここでは、 …