私の声は低いまま

私は心の感覚が女性に近く、広い意味でのトランスジェンダー女性に含まれるようです。コスプレ女装さんやMtFさんとお話していて、どちらかというとMtFさんと近い言われていました。

なんですが、性適合治療へ向けて進むことはしませんでした。ときおり涙を流すことはありますが、フツーの女性になるよりも、自分の魅力を追求したいと思います。

いろいろある要素の中で、「声」についてはちょっと特別です。私の声にはと同じように倍音成分が多く含まれています。有名人では美輪明宏さんもそうらしいです。その声は、なにかを人に伝える使命と関係しているように昔から感じています。なので、これを手術などでは変えたくないと思っています。

また、心理セラピーでは男性性を使う場面があります。暴力被害トラウマのセラピーなどは男性特有の太い声が有効なことがあります。

女性でもあり、男性でもあることはセラピストの私には必要なのです。

ですので、声は男性ぽくなっていることが多く、まるで私の代わりに男性が話しているようです。実体のある男性アバターみたいな感じでしょうか。

もともと「女の私」は存在していて、世間に見せるためのコスプレではありません。なので、女であることを他人に認めてもらうことは二の次なのかもしれません。

私の声は倍音成分を含んでいるので、実は女性の声も含んでいます。低い成分をカットすると女性の声になるのです。なのでときどき女性らしくなります。

しかし、歳をとってきて少し声がかすれてきました。これからどうなることやら。

Follow Kojun on note.

最新情報をチェックしよう!
>note もよろしく

note もよろしく

noteでは、もちょっとホンネでつぶやいています。