「なおる」と「なおす」は違う

心のトラブル対処法

ある種の精神トラブルについては、思うことがあります。たとえば、性的被害による男性恐怖や場所恐怖。これらは、あるいみで恐怖症ではないと思うことが多いです(診断ではなくて、お悩み解決方法の選び方のこと)。

犬に噛まれていぬ恐怖症になったのとは、問題の質が異なるのです。

それらはな「おすべき疾患」というよりも、「正常な反応」として扱うことが癒しになる場合があります。そのようなセラピーをとおして、なおる助けになったりはします。

「なおす」と「なおる」は違います。

※セラピーは日本では医療ではないので、そもそも「治す」わけではありません。心のケアです。

The following two tabs change content below.
心理セラピスト 広義トラウマの解除/生きづらさ改善(人生を支配するパターン、自己肯定、アダルトチルドレン、性暴力被害の過去、いじめトラウマ、PTSD、喪失、対人不安、愛着不安定、恐怖症など)を扱います。
心のトラブル対処法
人の言葉の受け取り方の3種類

人から言われた言葉の受け取り方は大きく分けると三通り。 Ⅰ、反応的(自分に対する肯定か否定かを自動解 …

心理セラピー・心理相談
複数のカウンセラーに相談してよいか?

「複数のカウンセラーに相談してよいか?」 最近、このトッピクについて質問されることがあります。いくつ …

心理セラピー・心理相談
自己啓発の教えを実践しないのには理由がある

自己啓発を教える人は、 「こうすれば、上手くいく。しかし、大抵の人はやらないんだよね。だから大抵の人 …