「なおる」と「なおす」は違う

ある種の精神トラブルについては、思うことがあります。たとえば、性的被害による男性恐怖や場所恐怖。これらは、ある意味で恐怖症ではないと思うことが多いです(診断ではなくて、お悩み解決方法の選び方のこと)。

犬に噛まれていぬ恐怖症になったのとは、問題の質が異なるのです。

それらはな「おすべき疾患」というよりも、「正常な反応」として扱うことが癒しになる場合があります。そのようなセラピーをとおして、なおる助けになったりはします。

「なおす」と「なおる」は違います。

The following two tabs change content below.

関連記事

  1. 「人目を気にしない」を目指すよりも

  2. 日常の中の先延ばし(行動制止)のゴースト

  3. 私は誰を友達だと思うか ~ 肝心なときに、余計なアドバイスをしないかな…

  4. 説教とセラピー

  5. 「ゆるせない」。それを言うということは、ゆるさないといけないと思ってる…

  6. 【ラジオ音声】愛着不安定をもったまま生きる!?

  7. 人から理解されなくて辛いと感じているなら

  8. 【ひとまずの対処法】 悩み・苦しみが続くとき