「なおる」と「なおす」は違う

心のトラブル対処法

ある種の精神トラブルについては、思うことがあります。たとえば、性的被害による男性恐怖や場所恐怖。これらは、あるいみで恐怖症ではないと思うことが多いです(診断ではなくて、お悩み解決方法の選び方のこと)。

犬に噛まれていぬ恐怖症になったのとは、問題の質が異なるのです。

それらはな「おすべき疾患」というよりも、「正常な反応」として扱うことが癒しになる場合があります。そのようなセラピーをとおして、なおる助けになったりはします。

「なおす」と「なおる」は違います。

※セラピーは日本では医療ではないので、そもそも「治す」わけではありません。心のケアです。

The following two tabs change content below.
心理セラピスト 広義トラウマの解除/生きづらさ改善(人生を支配するパターン、自己肯定、アダルトチルドレン、性暴力被害の過去、いじめトラウマ、PTSD、喪失、対人不安、愛着不安定、恐怖症など)を扱います。
心のトラブル対処法
二者択一型のお悩みの「決まらない」系の解決とは?

二者択一型のお悩みというのがありますね。 やるか、やらないか。  右か、左か。 これの解決には、どち …

心のトラブル対処法
「正す」と「赦す」アプローチ

対人支援(カウンセラー、相談員など)プロ向けの講座をしていると、「プロは何が違うのですか?」と聞かれ …

心理セラピー関連
恐怖や不安について思うこと

恐怖症とか不安症というようなものについて、思うことがあります。 たとえば犬恐怖症の場合、犬に噛まれる …