「自分は自覚出来ない罠にはまっているかもしれない」

「自分には見えていないことがある(かもしれない)」「自分は自覚出来ない罠にはまっているかもしれない」と仮定する能力をNot Knowingと言ったりしますね。

これ、心理課題、心理トラップの解決の鍵になることがあります。

男性経営者は苦手な傾向があるやうです。これからの時代は異なる予感もしますが。

Not Knowingを使うことが出来なくて罠から逃れられない人の共通点として、こんなことを言います。

「わかってますよ。自分には見えていないことがあることくらい、わかってますよ」

ホントに言います。

この手の人たちが悩み相談することはありますが、カウンセリングを正式に申込んで料金を払ったことはありません。

なので、カウンセリングを申込んでくるクライアントには、すごいなぁと尊敬するわけです。

The following two tabs change content below.

関連記事

  1. 人は「困難」という言葉をおそれます。

  2. 人はプラス、マイナス、併せ持っている

  3. なぜ人は人を攻撃するのか?

  4. 逃げる人は弱い人か?

  5. 一切の恐さを避けて生きる

  6. 赦すことで進む旅

  7. 怒りの感情の解放

  8. 怒りを出せない 人になると、 優しさを出せない 人になる