「自分は自覚出来ない罠にはまっているかもしれない」

「自分には見えていないことがある(かもしれない)」「自分は自覚出来ない罠にはまっているかもしれない」と仮定する能力をNot Knowingと言ったりしますね。

これ、心理課題、心理トラップの解決の鍵になることがあります。

男性経営者は苦手な傾向があるやうです。これからの時代は異なる予感もしますが。

Not Knowingを使うことが出来なくて罠から逃れられない人の共通点として、こんなことを言います。

「わかってますよ。自分には見えていないことがあることくらい、わかってますよ」

ホントに言います。

この手の人たちが悩み相談することはありますが、カウンセリングを正式に申込んで料金を払ったことはありません。

なので、カウンセリングを申込んでくるクライアントには、すごいなぁと尊敬するわけです。

The following two tabs change content below.
心理セラピスト Kojun(上野貢潤)
心理セラピスト/Points of You アドバンストレーナー(日本資格)/プラクティショナー
心理セラピスト Kojun(上野貢潤)

最新記事 by 心理セラピスト Kojun(上野貢潤) (全て見る)

未分類
「変わる」というのは、今までの自分を赦すこと

対人支援業には、人を変えたい人たちが多いようです。でも、私や私のクライアントをそっとしておいてほしい …

未分類
ホンネとタテマエを無理に一致させない

ホンネとタテマエを無理に一致させると、自分にも嘘をつくことになります。 自分に嘘をつかないために、人 …

未分類
「いつ死んでもいい。やりたいことは全部やったから」という言葉

ある筋の年配の方々の会話の場にいると、健康とか病気の話題がでることもあります。 そんなときよく聞くの …