本当の問題は見えないようになっていて、人によっては生涯自分の影を叩き続けます。

目を開ける方法は、目を閉じてることに気づくこと。

目を閉じてることに気づく方法は、目を閉じていることを責めないこと。

目を閉じてることを責めない方法は、他人が目を閉じてることを責めないこと。

責めないことは、「あるがまま」へのリスペクト。

それは痛みを感じる能力です。

しかし、痛みは目を閉じる原因でもあります。

だから、他者の痛みを感じる遺伝子が残ったのかもしれません。

The following two tabs change content below.
心理セラピスト Kojun(上野貢潤)
心理セラピスト/Points of You アドバンストレーナー(日本資格)/プラクティショナー
心理セラピー関連
「二次利得」という言葉で人を裁かないで

「二次利得」、人を馬鹿にした言葉です 心理支援の分野に、二次利得っていう言葉があります。これは病気や …

Points of You
何もしないかもしれないワークショップ

いまの私はワークショップやセミナーに参加するのがあまり好きではありません。ときどき主催はしていますが …

who is Kojun
立ち上がらない勇気

(恥ずかしがらずに、思いきって立ち上がってみよう。その小さな勇気や行動が未来を大きく変える」 そして …