– Points of You Japan 公認 –

    マインドフルネス(脳科学)の学術研究成果から写真カードPoints of Youを解説し、Points of Youを使ってマインドフルネス修練法を理解します。

    「心理セラピストでも、そんな些細な出来事でこわくなることがあるんですか?」
    「はい。プロだからこそ、こわさは早めに認めます」
    「こわくてもいいんですね」
    「はい、いいですよ」
    「あれ、こわさを認めると、なんだか勇気と元気が出てきました」

    「はい、それが『あるがまま』です」

    こわさを受容すると、「もしこわくなかったら、どうするだろうか」「こわくなくすにはどうすればいいだろうか」「こわいなりに何ができるだろうか」が見えます。

    そうでないと、見えなくなります。見えなくなるので、それを「心の闇」と言います。

    雑念を敵視しては、心の目は開かない。

    Points of Youのカードには5種類のシリーズ記号が刻印されています。これらは、コーチングやセルフヘルプにおいて、非常に重要となる5つの分野を表しています。

    この回では、その中の1つ、「Just be(あるがまま)」をテーマに取り上げます。

    脳科学、瞑想法、Points of Youの共通点について。

    NotKnowingの不思議(心理セラピーの現場で展開される不思議の世界)

    Points of Youの「Excuse」カードの秘密

     

    【こんな方におすすめ】

    • Points of You の活用に興味がある方、エバンジェリストの方
    • 右脳・左脳について疑問のある方
    • 瞑想がうまくできないとお悩みの方

     

    【予定内容】

    1. マインドフルネスからみたPoints of You(瞑想法・脳科学から学ぶ)
    2. U理論からみたPoints of You(五感を使うことの重要性)
    3. コーチング等における、人を評価・判断しないあり方
    4. 心を落着ける実践
    5. 柔軟な発想力を得る心の状態

    ※当日の参加者の目的に応じて内容を調整します。

    〔参考〕

     

    【定員】

    各回 6名くらい(会場等によります)

    【開催予定】

    イベントの予定一覧