Points of You 5つの価値について、私が国際トレーニングTCP合宿に参加したときの経験をもとに、私の解釈を書いてみます。

タハレスはドイツ語かな。「行動」や「実行」みたいな意味ね。私の「自分の心と対話する実践講座」に「実践」という言葉が入ってるのも、タハレスなことです。

合宿最後のセッションで、Points of You創設者Efratの前で話したとき、私こんなことを言ったんですね。

This is not an imagination, it’s the fact.

(これはもはやアイデアではなくて、事実です)

合宿を通して、あることを実践して試しました。そして、それが出来たという事実。それは「可能である」とう事実が生まれました。

それは、大声で宣言する感じではなくて、切ない感じでした。これまでの場所に別れを告げる感じです。それを実際に実行したことで、次のステージへ進んだわけです。

「やるぞー、やるぞー」と言っているのと、実際にやったのではまるで違います。もはや、「やるぞー、やるぞー」と言う必要はありません。やったことがあるという既成事実があるのですから。

アイデアや空想を現実に変えること、事実を作ること、それがタハレスの本質と想いました。

既成事実をつくろう!

あなたは、いま、どんな既成事実が欲しいですか?

 
他も読む⇒"Points of You Practical ~ 実践者向け無料記事

※このページはマスタートレーナー上野貢潤の私見です。POINTS OF YOU JAPAN の公式文書ではありません。