個人セッションはオンラインのみ、新規受付を再開します。

ゲシュタルト療法の「図地反転」について

ゲシュタルト療法の「図地反転」についても、心理セラピーの実践経験をもとに書いてみます。

ゲシュタルト心理学の図地反転というは、ルビンの壺(次の図)のように、見え方が反転することです。

転じて、ゲシュタルト療法の流れをくむ心理セラピーでは、物事の見方、世界観、解釈などの劇的な変化の意味で使われます。

ゲシュタルトとは「部品をそれぞれに観るのではなく、全体から観えるもの」みたいな意味なんですが、ゲシュタルトを重視する心理セラピーで起きる図地反転について、私なりの説明をしてみたいと思います。

カニッツァの三角形(の単純化したもの)を喩に使いましょう。

まず、部品をそれぞれに観る要素主義の世界観を描いてみます。こんな感じでクライアントの悩みを見立てます。

そして、「収入がない」に対して就労支援、「孤独」に対して居場所の紹介、「不安」に対して認知療法などというように、悩みを要素に分解して解決するスタイルが考えられます。

ゲシュタルトな心理セラピーでの世界観を描いてみます。

このように3つのパックマンを同時に、その配置も含めて眺めます。

そうすると、全体を眺めることでしか見えないもの、すなわちゲシュタルトが見えてきます。「そんな僕」がゲシュタルトですね。


これが「図地反転」のイメージです。

で、「そんな僕がいるなあ・・・」と眺めると、なにかが起こります。

「そんな僕がいるなあ・・・」
  ↓
「そんな僕は・・・愛を求めているんだ!」
  ↓
「よし、愛してみよう」
  ↓
「できるだろうか?」
  ↓
「できる!」

まあ、これは一例ですが。意外な発想が、癒しや行動力を伴って出てきたりします。

人は自分で真実をみつけたときのみ、真実に耐えられる
(ゲシュタルト療法の創始者 F.パールズ)

深い悩みの場合は、精神分析でいうところの抑圧されていた思考や感情が、Kojun用語だと「隠されしもの(the hidden)」が出てくるわけですから、ものすごく心が揺れるわけです。

カウンセリング中にも、感情があふれて涙や嗚咽やもがき声などが出てくるクライアントもいます。カタルシスなんていう気持ちいい感じとは限りません。たとえば、親を怨みながら生きてきた人が、「愛されたかった」とか言い出したりするわけですから、男性なら鉄パイプを曲げてしまいそうなくらいの反応が出ることもあります。

パールズによると、自分で見つけたときのみ耐えられるわけですから、このワークはクライアント自身に行っていただく必要があります。

そしてそのゲシュタルトを観るために、先のブログ記事で書いたようなクライアントの「いまここ」体験のワークが必要になります。

参考古典:『ゲシュタルト療法 – その理論と実際』F.S.パールズ

Follow Kojun on note.