売り手は、顧客視点を持てなくなる。

視点・本当の問題

久しぶりに経営心理のお話です。

押し売りの気持ちがあるとき、たいていは本人はその気持ちを自分に隠します。すなわち、自分に押し売りの気持ちがあることを自覚するのは難しくなります。

自覚できな、すなわち無意識下に隠れる、すなわち心理的な死角(ブラインド・エリア)ができます。

そうすると、相手がそれを欲しがっているかどうか、相手が何を欲しがっているかどうか、をイメージすることができません。

それは、「自分が売りたい」と「相手が買いたい」という気持ちの区別がつかなくなるのです。

売り手の当事者になると、自分の商品告知が消費者視点で訴求されるかどうかが分からなくなるのはこのためです。

売りたいという気持ちがあると、何が売れるかわからなくなるとう、厄介なことが起こります。

組織でいうと、事業責任や売上責任があると、商品企画力が損なわれます。技術者は技術の市場価値が分からなくなります。

商品企画や、売り方の相談をするなら、あなたを応援していない人の意見がよいのかもしれません。

The following two tabs change content below.
心理セラピスト 広義トラウマの解除/生きづらさ改善(人生を支配するパターン、自己肯定、アダルトチルドレン、性暴力被害の過去、いじめトラウマ、PTSD、喪失、対人不安、愛着不安定、恐怖症など)を扱います。
心理セラピー・心理相談
自己啓発の教えを実践しないのには理由がある

自己啓発を教える人は、 「こうすれば、上手くいく。しかし、大抵の人はやらないんだよね。だから大抵の人 …

視点・本当の問題
心理相談ではHSPという言葉は使いにくい

心理相談の現場で私はHSPという概念を自分のラベルに使うことをあまりお勧めしてません。 その特徴をチ …

体験談・事例
不完全な愛を拒絶すると、偽りの愛が欲しくなる

ある種の心の問題(愛着不安定、愛着障害など)が解決してくると、映画のような綺麗事の愛のストーリーなん …