売り手は、顧客視点を持てなくなる。

久しぶりに経営心理のお話です。

押し売りの気持ちがあるとき、たいていは本人はその気持ちを自分に隠します。すなわち、自分に押し売りの気持ちがあることを自覚するのは難しくなります。

自覚できな、すなわち無意識下に隠れる、すなわち心理的な死角(ブラインド・エリア)ができます。

そうすると、相手がそれを欲しがっているかどうか、相手が何を欲しがっているかどうか、をイメージすることができません。

それは、「自分が売りたい」と「相手が買いたい」という気持ちの区別がつかなくなるのです。

売り手の当事者になると、自分の商品告知が消費者視点で訴求されるかどうかが分からなくなるのはこのためです。

売りたいという気持ちがあると、何が売れるかわからなくなるとう、厄介なことが起こります。

組織でいうと、事業責任や売上責任があると、商品企画力が損なわれます。技術者は技術の市場価値が分からなくなります。

商品企画や、売り方の相談をするなら、あなたを応援していない人の意見がよいのかもしれません。

The following two tabs change content below.
心理セラピスト Kojun(上野貢潤)
心理セラピスト/Points of You アドバンストレーナー(日本資格)/プラクティショナー
心理セラピー関連
「二次利得」という言葉で人を裁かないで

「二次利得」、人を馬鹿にした言葉です 心理支援の分野に、二次利得っていう言葉があります。これは病気や …

who is Kojun
立ち上がらない勇気

(恥ずかしがらずに、思いきって立ち上がってみよう。その小さな勇気や行動が未来を大きく変える」 そして …

対処法
自己肯定感とプライドは真逆!?

近年「自己肯定感」という言葉が流行っているようですね。いろんな意味で使われているようです。ここでは、 …