【雑談】こっそり言ってみよう

たとえば、「死ね」なんて語彙に安易に頼らないほうがよいですよ。

倫理や道徳ではなくて、心理の観点から自分のために。

何が嫌なのか、こっそり独り言を言ってみましょう。

「むかつくーっ」

おしい! 何が嫌なのか、こっそり言ってみましょう。

「あいつの嫌なところ」ではなく、「自分が嫌がっていること」ですよ。

人の罪状ではなく、自分が感じている痛みです。自分が満たしたかったもの。

そこは頑張る価値があります。やってみると、利益率がよいことがわかるかと。

 
ちょっと気づいたのは、このゲーム、若い子たち、わりとデキます。ちょっぴり成功している大人、できない人が多いです。

このゲームは失うものがないと有利なのかもしれません。

だとすると、失うものがないまま、幸せになれるとよいですね。なにかが上手くいきはじめたとき、失いたくないものが手に入る。それを失われることのないものに変換してゆく、ということでしょうか。

 
講座などで直接会ってみたい方はこちら。⇒イベント情報

心理的な相談をしたい方は、個人セッションをご検討ください。⇒サービス案内

                                                               

Facebooktwittergoogle_plus

人間関係
怒りと攻撃は別のもの

怒ることと、攻撃する(危害を加える)こととは、別のことなのです。 危害を加えたり、罪悪感を追わせたり …

自分と向き合う
陰を見ることは光

闇が解ければ、解けるほど、たくさんの陰(小さな闇)が見えてくる。 暗闇では陰を見ることはできないが、 …

自分と向き合う
自分を見捨てるのをやめたときに、それは変わります。

自分を客観的に観ることができないのは、主観的に自分の感情・怖れ・欲求を観ることができないからです。 …