【雑談】こっそり言ってみよう

たとえば、「死ね」なんて語彙に安易に頼らないほうがよいですよ。

倫理や道徳ではなくて、心理の観点から自分のために。

何が嫌なのか、こっそり独り言を言ってみましょう。

「むかつくーっ」

おしい! 何が嫌なのか、こっそり言ってみましょう。

「あいつの嫌なところ」ではなく、「自分が嫌がっていること」ですよ。

人の罪状ではなく、自分が感じている痛みです。自分が満たしたかったもの。

そこは頑張る価値があります。やってみると、利益率がよいことがわかるかと。

 
ちょっと気づいたのは、このゲーム、若い子たち、わりとデキます。ちょっぴり成功している大人、できない人が多いです。

このゲームは失うものがないと有利なのかもしれません。

だとすると、失うものがないまま、幸せになれるとよいですね。なにかが上手くいきはじめたとき、失いたくないものが手に入る。それを失われることのないものに変換してゆく、ということでしょうか。

雑談
『不思議の国のアリス』とヒキコモリ

さて、お悩みの方々には、職や社会的地位を失ったりしついる人もいます。歳をとることで、弱い自分というも …

人間関係
怒れないと、怨みやすい

心理カウンセリングなどの心の旅の中で、「怒り」と「怨み」の区別を学ぶことがよくあります。 誰かのこと …

雑談
私は、鞭で動かない人の体に、鞭の痕をみる

自分に鞭を打って動ける人と、自分に鞭を打つと動けなくなる人がいる。 鞭で動ける人は、鞭で動けなくなる …