【雑談】こっそり言ってみよう

たとえば、「死ね」なんて語彙に安易に頼らないほうがよいですよ。

倫理や道徳ではなくて、心理の観点から自分のために。

何が嫌なのか、こっそり独り言を言ってみましょう。

「むかつくーっ」

おしい! 何が嫌なのか、こっそり言ってみましょう。

「あいつの嫌なところ」ではなく、「自分が嫌がっていること」ですよ。

人の罪状ではなく、自分が感じている痛みです。自分が満たしたかったもの。

そこは頑張る価値があります。やってみると、利益率がよいことがわかるかと。

 
ちょっと気づいたのは、このゲーム、若い子たち、わりとデキます。ちょっぴり成功している大人、できない人が多いです。

このゲームは失うものがないと有利なのかもしれません。

だとすると、失うものがないまま、幸せになれるとよいですね。なにかが上手くいきはじめたとき、失いたくないものが手に入る。それを失われることのないものに変換してゆく、ということでしょうか。

The following two tabs change content below.
心理セラピスト Kojun(上野貢潤)
心理セラピスト/Points of You アドバンストレーナー(日本資格)/プラクティショナー
心理セラピスト Kojun(上野貢潤)

最新記事 by 心理セラピスト Kojun(上野貢潤) (全て見る)

マインドフルネス
痛みという能力のこと

本当の問題は見えないようになっていて、人によっては生涯自分の影を叩き続けます。 目を開ける方法は、目 …

人間関係
自分を信頼することに関して

ある人を信じてみると、自分を信頼できるようになることがあります。 誰がそのある人なのか、間違えると、 …

心理セラピー関連
私の辞書に「素晴らしいメソッド」なんてものはない

ときどき自分で気になって書いてるけど。 私は、使ってるメソッドの効果がすごかったとか、クライアントに …