セラピストのトレーニング会で受ける衝撃

Facebooktwittergoogle_plus

今回の記事は愚痴になります。愚痴ですが、私らしさでもあるので、書いてみようと思います。

セラピストのための、とあるトレーニング会に行ってみて、衝撃を受けました。

その日行われたのは、「過去の出来事の気持ちを思い出す。もう1人はその話を聞く」というだけの練習ワークです。それは良いトレーニングです。

あるセラピストは、頼まれもしないのに、家庭環境などを言い当てたしたりします。練習ワークの意図は聴くだけのはずですが、心理の知識を使っていろいろ言わずにはいられないのです。

その方に限らず、多くのセラピストは、自分の知識を使って分析をはじめたり、ネガティブな感情をなくすように誘導しようとしたりします。もう、活躍したくてしょうがないといった感じです。

クライアントはセラピストの知識自慢のための舞台ではないでしょう。

よく、「上野さんはセラピストなのに上から目線ではないですね」とか、「決めつけないんですね」とか言われます。ということは、それだけ、不必要な診断(?)をしたがるセラピストが多いということでしょうか。

批判的になって申し訳ないですが、デリケートなことをさらけ出した人を前に、心理学を使って分析して神様気分を味わっているように見えます。

クライアントの望みを聞かずに、直そう直そうとするといったセッションは、他のトレーニング会でもよくみかけます。私は、何を変えたいかはクライアントが決めることだと思っています。セラピストが「この人は何を変えるべきか」を決めるものではないと信じています。

苦しくて藁をもつかむクライアントは、「どうしたらいいでしょうか?」と聞きます。そこで教祖様のように導きを与えるという役にはまるセラピストが多いということかと思います。

セラピストが勝手にテーマ(セッションの目的)を変えるのは賛同しかねますと言ってみたところ、「こういうのがクライアントとして来たら、めんどくせーぞ」と言われました。

その後、私がクライアント役でセッション練習をする順番だったのですが、その練習は断りました。本人が望んでいないテーマをほじくりまわしたり、それを拒否すると「めどくせークライアント」呼ばわりするような人のセッションは、練習とはいえお断りです。

自分のセラピスト仲間はまともだなあと感じました。そういう意味では、がっかりする一方で、自分は幸せだと思う日でもありました。

トレーニングに参加しているセラピストたちの、数々の発言が私には衝撃的でした。

わきあがる様々な自分の感情に向き合いたいと思います。

 
心理的な相談をしたい方は、個人セッションをご検討ください。⇒サービス案内
 
自分に嘘をつかない生き方のメール講座はこちら。⇒無料購読
 
ブログ更新をメールでお知らせ→

Facebooktwittergoogle_plus

体験談・事例
泣き止むには、まず泣かないとね。

泣き止むには、 まず泣かないとね。かつて自身のセラピーに没頭した頃、自分の中の何かが泣き止むという体 …

心理療法セラピー関連
本当の解決をしたいなら、ネガティブ感情を怖れないセラピストがよい

ネガティブな感情をなくすのが仕事だと思っているセラピストがいます。「悲しい」を「悲しくない」に変える …

雑談
背中を押さない

そういえば、バンジージャンプのインストラクターは、絶対に背中を押さないですね。クライアントの葛藤に立 …