心理カウンセラーのトレーニング会で受ける衝撃

今回の記事は愚痴になります。愚痴ですが、私らしさでもあるので、書いてみようと思います。

心理カウンセラーのための、とあるトレーニング会に行ってみて、衝撃を受けました。

その日行われたのは、「過去の出来事の気持ちを思い出す。もう1人はその話を聞く」というだけの練習ワークです。それは良いトレーニングです。

あるカウンセラーは、頼まれもしないのに、原家族の家庭環境などを言い当てたしたりします。

その練習ワークの意図は聴くだけのはずですが、心理の知識を使っていろいろ言わずにはいられないのです。

実際の現場では、あえて分析を述べてクライアントの興味を促したり、反応を見たり、罪悪感を取り除いたりすることがあります。なので分析ごっこも全面禁止ではないと思うのですが、それは必要に応じてです。

その方に限らず、多くのカウンセラーは、自分の知識を使って分析をはじめたり、ネガティブな感情をなくすように誘導しようとしたりします。もう、活躍したくてしょうがないといった感じです。

クライアントはカウンセラーの知識自慢のための舞台ではないでしょう。

よく、「上野さんはセラピストなのに上から目線ではないですね」とか、「決めつけないんですね」とか言われます。ということは、それだけ、不必要な診断(?)をしたがるセラピスト/カウンセラーが多いということでしょうか。

批判的になって申し訳ないですが、デリケートなことをさらけ出した人を前に、心理学を使って分析して神様気分を味わっているように見えます。

クライアントの望みを聞かずに、直そう直そうとするといったセッションは、他のトレーニング会でもよくみかけます。私は、何を変えたいかはクライアントが決めることだと思っています。セラピストが「この人は何を変えるべきか」を決めるものではないと信じています。

「カウンセラーが勝手にテーマ(セッションの目的)を変えるのは賛同しかねます」と言ってみたところ、私を指差し「こういうのがクライアントとして来たら、めんどくせーぞ」と言われました。

その後、私がクライアント役でセッション練習をする順番だったのですが、その練習は断りました。本人が望んでいないテーマをほじくりまわしたり、それを拒否すると「めどくせークライアント」呼ばわりするような人のセッションは、練習とはいえお断りです。

自分のセラピスト仲間はまともだなあと感じました。そういう意味では、がっかりする一方で、自分は幸せだと思う日でもありました。

トレーニングに参加しているセラピストやカウンセリングたちの、数々の発言が私には衝撃的でした。

心理学を使ってクライアントのことを分析したい? そして、トレーニングでその態度を改善されてゆく? 「分析せずに共感的理解しましょう」とか。

そもそもなんのためにカウンセリングしてるんでしょうか。湧き上がる様々な自分の感情に向き合いたいと思います。

The following two tabs change content below.

関連記事

  1. 心理学は科学か?

  2. 「正す」と「赦す」アプローチ

  3. 心理の「専門家」は役に立たないと言われ始めている

  4. 「セラピストの言葉が呪いをかける」と戒められていること

  5. 大学教授を怒らせてしまった話

  6. ある当事者からみた日本の心理業界の今昔

  7. 「二次利得」という言葉で人を裁かないで

  8. 自分はセラピーを体験したくないというセラピスト