感情をコントロールするのではなくて

「感情をコントロールする方法」というテーマの本やセミナーは人気があるかもしれません。

自分の意に反する自分の反応は厄介です。

問題は「感情」てはなくて、「反応的」「反射的」ということです。

下図を数えるとか、深呼吸をするとかの対処法は、感情を抑えようとしていますで、対処的です。

根本解決を目指す心理セラピーでは、感情を抑えるのではなく、抑えられている感じはを解放します。

怒りが止まらないとか、場所をわきまえずに過剰反応になってしまうとおうのは、たいてい別の感情が抑えられています。上に「意に反して」と書いたように、本当は怒りたいのではないのかもしれません。

セラピストに「本当は悲しいのでは?」と言われて過剰反応がおさまるというのは、よくあります。

(実際にはもう少し丁寧にケアする必要があります。タイミングや文脈が重要です。どこかのセミナーで教えていたらしく、セラピストでもない人たちが「本当の感情は?」と言うのが流行ったこともありますが、頼まれもしない、専門家でもない人が、台詞暗記で治療ごっこするのはお勧めしません)

感情をコントロールする対処と、それが起きる原因(本当の感情)を癒すか、たったく異なるアプローチです。

もちろん、表面的な対症療法の方が人気がありますが、根本対処が必要になったら、心理セラピーもご検討ください。

体験談・事例
多くのセラピストが「頭で考えるな」と言うのですが

クライアントの立場でいいますと、「頭で考えてはいけない」というセラピストやコーチの台詞が、私は苦手で …

心理セラピー関連
赤ちゃんに学ぶ悩みの克服

赤ちゃんは、最初は「○○がない」という認知はしないそうです。「ミルクがない」ではなく「空腹だ」といっ …

対処法
心理の問題の解決の2層構造

心の悩みについて、カウンセリングやセラピーやリトリートイベント等で起きる解決を、2層で捉えるのも参考 …