TAG

《自由に行動してはいけない》

父性剥奪 – 「お前はきっと上手くいく」では上手くいかない

「子が間違わない/失敗しないことを望む」か「(たとえ間違っても/失敗しても)子が思い通りにすることを望む」か。 「お前はきっとうまくいく」ではなくて、「お前が思う通りにやってみな(うまくいかなくても大丈夫だから)」が心理的なセーフネットを育んでくれるのを、私は「父性愛着」と呼んでいます。それが欠ける […]

「行動ができない」の正体!? - 完璧主義

「行動ができない」には様々な原因がありますが、その正体の一つにこんなのがあります。 行動すると成果を求められる。 ↓ 成果が出てないと批判される(叱られる、がっかりされる、もっと頑張れと言われるなどなど)。 ↓ めげる。 ↓ 罪悪感を感じる。 このパターンを繰り返してきた人は、「行動をしない」が最善 […]

2通りのスモールステップ

行動計画には二通りあります。 (A)ゴールから逆算してスモールステップを決める。 (B)いま出来ることをやってみる。 (A)はコーチングや自己啓発でみかけるアプローチ。(B)はカウンセリングや行動療法でみかけるアプローチ。 似たようなことで、こんな観点もあります。 (a)面倒でやりたくないことを先に […]

強烈な心理的なブレーキ

何かの行動がどうしても出来ない。普通なら出来るはずのことが出来ないというとき。 他人に説明できないなにかがあって、心臓が潰れそうな感じがする。 批判されそうだから理由を話せないものや、言葉に出来ない漠然とした感覚のものもある。 社会的な善し悪しはともかく、そうなっているには、理由がある。怠けてるとか […]

説教とセラピー

セラピストの助言が、一般的な説教とは真逆なんてことがあります。 一般的には「頑張らなきゃ」と言われるような状況で、セラピストが「頑張るのやめたと言ってみて」といったりします。 「頑張れ」と「頑張るな」は、論理的には二者択一ですが、心理的には二者両立です。 セラピストがやめさせようとしているのは、「頑 […]

こわくて動けないときの、シンプルな対処法

こわくて動けないときの、シンプルな対処法の1つを挙げます。 「こわくない」と言わずに、「楽しみだ」と言ってみます。 心理カウンセリングで、クライアントさんのプロセスが進むときも「楽しみだ」が出ることがあります。「こわくない」のではなくて「楽しみ」、「こわいけど楽しみ」などです。 「こわい」を消すため […]

「行動」という魔法を使いこなせ!

(満席)「大切なことは行動することでしかわからない」 動けないときに動き出す方法、行動を抑制する深層心理事例、一流コーチが注目する習慣の変え方の新理論、points of youのコーチング支援チャートの解説なども扱います。

過保護・過干渉という拷問

心の病について調べると、原因として「過保護・過干渉」という言葉がしばしば書かれています。 過保護というと”甘やかされれて育った、甘ったれた人”というイメージがあるかもしれません。 過干渉というと、”なんでもやってもらえて、苦労を知らないから、怠け者になった人”というイメージがあるかもしれません。 こ […]

【対処法】「行動できず苦しい」を抜け出す6ステップ

行動ができない。心身が疲れているなら、休むのも必要ですが、疲れてない、または休んでも動けない。動かないことで悪循環。その対処法、なんとか動きだすための方法を書きます。 ここでは、面倒がっているのではないのにストップがかかる、行動しようとすると抵抗•苦痛を感じる、ベッドから出ようとすると胸が張り裂けそ […]

>note もよろしく

note もよろしく

noteでは、もちょっとホンネでつぶやいています。