感情力動(感情処理にもとづく精神力動)アプローチでは、抑圧された感情に触れてゆきます。たとえば、あがり症の人は、具体的な話になると緊張場面に対して「平気…

宮廷道化師は王様のセラピストだったと思う

宮廷には宮廷道化師というのがいます。いわゆるピエロですね。あれは王様向けのカウンセラー/セラピストだったんだと思うんですよ。しかも、傾聴スタイルではなく…

机上の地球

心理学は科学か?

心理学は科学か? 理学部出身の私ですが、私は心理学は科学ではないと思います。科学でなくてよいと思います。「科学かインチキか」というような二分法は、心理的…

手のなかの花

「治療」視点と「克服支援」視点の違い

「治療法」は誰でも学べるけど、「克服法」は当事者しか学べません。たとえば、「子供を叩いてしまうんです。子供がトラウマとか愛着障害とかになると思います。子…

禅語「主人公」

障がい者支援の分野などで、「個人モデルと社会モデル」という言葉があります。「障がい」とは障がい者個人の問題として支援したり訓練したりするのが個人モデルの…

心理セラピーの、説明するか、説明しないか

心理セラピー(心理療法)をやっていると、「あのとき、相談者(クライアント)に起きていることを説明しておけばよかった」と後悔・反省することがあります。でも…

大学教授を怒らせてしまった話

数年前だったか、私が大学教授が主催する心理療法の研究会に参加を申し込んだら、断れらました。参加要件には、「学生」「臨床心理士」のほかに「心理に興味のある…

知識は人を救わない

公的な整備(厚生労働省?)はカウンセラーの質の底上げのために、知識、知識と言っているようです。かくして、ひきこり支援団体の方いわく「心理士さんを何人も呼…

「正す」と「赦す」アプローチ

対人支援(カウンセラー、相談員など)プロ向けの講座をしていると、「プロは何が違うのですか?」と聞かれることがあります。いろいろありそうですが、心理セラピ…

治すことより大切なことがある場合

心理セラピーというのは、病気を治すという感じではないんですよね。私設心理相談室にには、「(解決したいけど)治したいわけじゃない」という人も来ます。…

私が尊敬するセラピストの特徴

私が尊敬する師匠セラピストは、私がクライアント(来談者)として訪れたとき、私から学んで私にセッションを提供しました。そうして、それまでの先生たちが支援できなかっ…

心のお悩みにもいろいろありまして

私の立ち位置をおおまかに示すために、心のお悩みを分類してみたいと思います。A.特性たとえば発達障害、性的マイノリティー。私のところでは、生き方…

私設心理相談室が好き

私がやっているような、公的機関でもなく、病院でもないカウンセリング業態は、昔からあるようで、私設心理相談室というそうです。この業界(?)、これからはどう…

声なき声

この世がどんな葛藤に満ちているか、この世はどうなろうとしているのか、それは心理学以上にセラピストにとって大事なこと。自分の知ってる人が自殺して、成長企業…