大阪での心理セラピーを受付開始していますすが、7月1~19日まで個人セッションをお休みします。
TAG

広義PTSD

精神科医もPTSDを知らない

診断基準の内容を熟知して、診断ができるとしても、それはPTSDを知っていることにはならないと思います。 ある女子中学生が同級生たちに継続的に性暴力を受け続けて亡くなった事件がありました。 自殺に先立って精神科医からPTSDの診断を受けていたそうです。 PTSDになるということは、なんらかの事件に巻き […]

「広義PTSD」という言葉を使う理由~とくに暴力被害

私のところで扱う虐め被害や性暴力被害のPTSDについて、少し以前から広義PTSDという表記にしています。医学的診断名と区別するためですが、それについてちょっと書いてみます。 流行りの症状-診断名-療法選択モデル まずは精神医学的診断のことを説明します。 精神医学マニュアルでは、症状(原因ではなく現象 […]

トラウマを治すのではなくトラウマを癒す

個人の心理的な問題の解決支援には、いくつかの層があるように思います。それぞれについて書いてみます。 あなたが必要とする支援を探すヒントになるかもしれません。 報酬と罰で人を変えようとする これは叱る、説教するというアプローチです。家族が電灯を消さないことについて、叱って改めさせるというような場合です […]

性暴力/虐め被害 – 「闘い」は「戦い」とは限らない

差別との闘いについての議論で「戦わなければ負けだ」という言葉を聞いて、ふと思い出しました。それは違うと言っておきたいと思います。その議論を聞いていた人の中に、暴力被害者がいるかもしれないと思ったからです。 ※閲覧注意。暴力に関する記述あり。 虐めや性暴力の被害者で、腕力での抵抗(戦い)をあきらめた人 […]

大人の虐め被害、過去の虐め被害によるトラウマ

職場の虐め被害、および子供の頃の虐め被害によるトラウマ、すなわち大人のケースについて書いておきたいと思います。 自分原因、他者原因 ひと昔前は、大人が職場で虐められているという場合、「ご自身の中にも原因(虐められやすさ)がある。それを解消しない限り職場を変わっても同じことが繰り返されるでしょう」とい […]

「性暴力被害」の心理セラピー

約8割が世間に知られないと言われています(女性被害者の場合)。実は非常に多く発生している出来事だと思います。変な言い方で申し訳ありませんが、たくさんの仲間(声なきMeToo)がいると思ってよいでしょう。 ※ショック反応がある方はこの先を無理して読まないようにご注意ください。 Kojunがやってないセ […]

性トラウマの克服のビフォー/アフター

トランスジェンダーの苦労話というと、差別を思い浮かべるかもしれませんが、けっこうあるのがセクハラです。 「本当は男なんだから平気だろ」「そんなことをされたいから女っぽくしてるんだろ」と言われたり、笑われたり、被害を受けても社会が被害者とみなしてくれないという状況があり、乱暴な男性からは手を出されやす […]