「あの人の問題を直す」のがセラピストの仕事ではない

心理セラピー関連

あの人の心の問題を治す/直すのがセラピストの仕事ではありません。

来談者の要望に基づいて心の問題を扱うのが仕事です。

何が違うかと言うと、「あの人の心の問題を直してくれ」と言っても引き受けませんよということです。これ、本当に多いのです。

少なくとも私のところではやりません。

「友達が心の問題をかかえているので、カウンセリングしてもらえませんか」といういのよくありますが、「本人から申込があれば対応します」と言うと、たいてい本人から申込はありません。つまり、カウンセリングを望んでいるのは本人ではないということです。

これは「友達が心の問題をかかえていて…心配だ」という、(友達のではなく)自分の悩みです。

自分の悩みを解決するために他者にカウンセリング受けさせようとする人は多いです。

「あいつは○○障害だと思います、(迷惑だから)あいつを治してください」というのもあります。そういう仕事はしません。

「うちの子供のカウンセリングをしてください」と言われても、親が満足するような親のためのカウンセリングを子供に対してはできません。もしその子供にカウンセリングしたとしても、親の期待に応える内容にはならないでしょう。

親が望む変化を子供に起こすために子供にカウンセリングするとか、夫(妻)が望む変化を妻(夫)に起こすために妻(夫)にカウンセリングするとか、Aさんの心配を解消するためにBさんのカウンセリングをするとか、Aさんが困っているからBさんにカウンセリングするとか、そういうのはあり得ません。

Aさんは「Bさんに問題があるからBさんがカウンセリングを受けるとよい」と思っていますが、この悩みの持ち主はAさんです。Aさんが「Bさんが心配でしょうがない」という悩みをもっているのです。

人間は自分の中に心配や苦しみが起きると、他者を変えようとします。それが必要な場合もあると思います。もしその方針を選択するのであれば、相談依頼先はセラピストというよりは弁護士、警察、保健所、救急、精神保健指定医などです。(連携している心理セラピストもいます)

大抵のセラピストは依頼主=カウンセリングを受ける人のために仕事をします。カウンセリングを勧めた人のために仕事はしません。

セラピストがAさんから依頼を受けてBさんを変えるということはしないということです。実はあるかもしれませんが、私のところではないです。

The following two tabs change content below.
心理セラピー関連
性暴力被害トラウマの心理セラピー

約8割が世間に知られないと言われています(女性被害者の場合)。実は非常に多く発生している出来事だと思 …

心理セラピー関連
交流分析+実存療法のカウンセリング

Kojunの心理カウンセリングは、お悩み対処や解決のヒントを求められることが殆どですので、「聴くだけ …

心理セラピー関連
恐怖症の心理セラピー

Kojunのところで取り入れている恐怖症の心理療法について。 まず、「〇〇が恐い」が全て恐怖症である …