自分はセラピーを体験したくないというセラピスト

心理のスクールが大抵6ヶ月なのは、知識やメソッドを学ぶための3日間と、それらに支配されないことを学ぶ177日間なんだろうなと思います。

最近では、「人を助けて感謝されましょう」な宣伝も多い。180日間かけて、知識とメソッドを学ぶケースが増えているらしい。

そんな学校の生徒たちは、学んだ知識を使ってお互いを分析しあう。人の望みを叶えるために知識を使うのではなく、知識を使うために人を診たがる。人の心をいじりまわすだけのセラピストもどきが誕生する。

他者にセラピーを提供したいけど、自分はセラピーを体験したくないというセラピストが急増中。

心理の知識を学ぶと、自分よりも哀れな人をさがすアンテナに使いはじめる人は多い。金槌を持つと全てが釘に見える。

そうならないためのおそらく唯一の方法は、自分のプロセスを進めること。だから悩んだり、揺らいだりしているセラピストはわりと信頼できる。それだけじゃダメだけどね。

なによりも、先輩や師匠たちに感謝するのは、177日の手本であってくれたこと。

そして、私の夢は、そのもっと先。

体験談・事例
多くのセラピストが「頭で考えるな」と言うのですが

クライアントの立場でいいますと、「頭で考えてはいけない」というセラピストやコーチの台詞が、私は苦手で …

心理セラピー関連
赤ちゃんに学ぶ悩みの克服

赤ちゃんは、最初は「○○がない」という認知はしないそうです。「ミルクがない」ではなく「空腹だ」といっ …

対処法
心理の問題の解決の2層構造

心の悩みについて、カウンセリングやセラピーやリトリートイベント等で起きる解決を、2層で捉えるのも参考 …