自分はセラピーを体験したくないというセラピスト

心理のスクールが大抵6ヶ月なのは、知識やメソッドを学ぶための3日間と、それらに支配されないことを学ぶ177日間なんだろうなと思います。

最近では、「人を助けて感謝されましょう」な宣伝も多い。180日間かけて、知識とメソッドを学ぶケースが増えているらしい。

そんな学校の生徒たちは、学んだ知識を使ってお互いを分析しあう。人の望みを叶えるために知識を使うのではなく、知識を使うために人を診たがる。人の心をいじりまわすだけのセラピストもどきが誕生する。

他者にセラピーを提供したいけど、自分はセラピーを体験したくないというセラピストが急増中。

心理の知識を学ぶと、自分よりも哀れな人をさがすアンテナに使いはじめる人は多い。金槌を持つと全てが釘に見える。

そうならないためのおそらく唯一の方法は、自分のプロセスを進めること。だから悩んだり、揺らいだりしているセラピストはわりと信頼できる。それだけじゃダメだけどね。

なによりも、先輩や師匠たちに感謝するのは、177日の手本であってくれたこと。

そして、私の夢は、そのもっと先。

関連記事

  1. カウンセリング等の「行動」のサポートの違い

  2. 心理カウンセラーのトレーニング会で受ける衝撃

  3. 「セラピストの言葉が呪いをかける」と戒められていること

  4. 机上の地球

    「二次利得」という言葉で人を裁かないで

  5. 心の悩みの3つの相談先セクター

  6. 手のなかの花

    心理セラピストの選び方(よい仲間がある人がおすすめ)

  7. カウンセラーやセラピストの選び方

  8. 話を聴いてもらっただけでは解決しない苦悩