「癒やし」なんていらない?

生きる知恵

「癒しなんていらない」と言う人がいます。おそらく、「癒し」という言葉の意味を慰めや与えられる安らぎのように思っているのかと思います。

「与えられたい」という気持ちがある人は、癒し聞いて、は与えられる慰めや安らぎを思い浮かべます。そして、「いらない」と言います。

「いらない」と言うのは、それを求めて得られないという事態にに耐えられないという深層心理を表していることがあります。

「癒し」の元来の意味は、傷口を空気に触れさせて、回復を促すことです。ですので、勇気の要る体験です。鎧や絆創膏で守って、それ以上傷つかないようにしているのが、私たちの日常。適切な場で、鎧や絆創膏を外しすというチャレンジです。

ですから、「癒しなんて、こわくて今はできない」ということはあります。

「できない」ではなく「いらない」と言う人は、なにか与えられることを想像しています。

「癒し」は、与えられるものではなく、チャレンジするものです。

The following two tabs change content below.
人間関係
自分を信頼することに関して

ある人を信じてみると、自分を信頼できるようになることがあります。 誰がそのある人なのか、間違えると、 …

心のトラブル対処法
「人より優れなければ幸せになれない」という刷り込み

自信なさとか、余計な競争心とか、他者評価に生きるとか、そういったもの奥に、劣等感とか劣等コンプレック …

生きる知恵
ポジティブ思考もいろいろ

ポジティブ思考もいろいろです。 心理的な問題に直面している方に、長い目では本当の幸せへのプロセスかも …