「癒やし」なんていらない?

「癒しなんていらない」と言う人がいます。おそらく、「癒し」という言葉の意味を慰めや与えられる安らぎのように思っているのかと思います。

「与えられたい」という気持ちがある人は、癒し聞いて、は与えられる慰めや安らぎを思い浮かべます。そして、「いらない」と言います。

「いらない」と言うのは、それを求めて得られないという事態にに耐えられないという深層心理を表していることがあります。

「癒し」の元来の意味は、傷口を空気に触れさせて、回復を促すことです。ですので、勇気の要る体験です。鎧や絆創膏で守って、それ以上傷つかないようにしているのが、私たちの日常。適切な場で、鎧や絆創膏を外しすというチャレンジです。

ですから、「癒しなんて、こわくて今はできない」ということはあります。

「できない」ではなく「いらない」と言う人は、なにか与えられることを想像しています。

「癒し」は、与えられるものではなく、チャレンジするものです。

体験談・事例
多くのセラピストが「頭で考えるな」と言うのですが

クライアントの立場でいいますと、「頭で考えてはいけない」というセラピストやコーチの台詞が、私は苦手で …

心理セラピー関連
赤ちゃんに学ぶ悩みの克服

赤ちゃんは、最初は「○○がない」という認知はしないそうです。「ミルクがない」ではなく「空腹だ」といっ …

対処法
「わたし愛着障害なんです」という言葉

人の健康に関わる支援業の方とお話しすると、「『私は愛着障害です』と自分で言う人が増えたのねえ」と言わ …