「癒やし」なんていらない?

心のトラブル対処法

「癒しなんていらない」と言う人がいます。おそらく、「癒し」という言葉の意味を慰めや与えられる安らぎのように思っているのかと思います。

「与えられたい」という気持ちがある人は、癒し聞いて、は与えられる慰めや安らぎを思い浮かべます。そして、「いらない」と言います。

「いらない」と言うのは、それを求めて得られないという事態にに耐えられないという深層心理を表していることがあります。

「癒し」の元来の意味は、傷口を空気に触れさせて、回復を促すことです。ですので、勇気の要る体験です。鎧や絆創膏で守って、それ以上傷つかないようにしているのが、私たちの日常。適切な場で、鎧や絆創膏を外しすというチャレンジです。

ですから、「癒しなんて、こわくて今はできない」ということはあります。

「できない」ではなく「いらない」と言う人は、なにか与えられることを想像しています。

「癒し」は、与えられるものではなく、チャレンジするものです。

The following two tabs change content below.
心理セラピスト 心理相談、心理セラピー(心理療法)、グループセッシヨン、講座などを提供しています。
自分と向き合う
人を評価・判断するとき、二つの問題が起きる

人を評価・判断(推測して断定したり、直すべき点を指摘すること)するとき、二つの問題が。 大きなお世話 …

本当の問題を知る
嫌な過去を忘れるべきか

嫌な過去を忘れるべきか? 結論から言うと、「忘れるべき」は不正解であることが多いと思います。 自然に …

心のトラブル対処法
叱咤激励の是非

叩く、罰する、叱る、と良くなるのか。叱るのがいいか、褒めるのがいいか、結論を二者択一で暗記するより、 …