「癒やし」なんていらない?

心のトラブル対処法

「癒しなんていらない」と言う人がいます。おそらく、「癒し」という言葉の意味を慰めや与えられる安らぎのように思っているのかと思います。

「与えられたい」という気持ちがある人は、癒し聞いて、は与えられる慰めや安らぎを思い浮かべます。そして、「いらない」と言います。

「いらない」と言うのは、それを求めて得られないという事態にに耐えられないという深層心理を表していることがあります。

「癒し」の元来の意味は、傷口を空気に触れさせて、回復を促すことです。ですので、勇気の要る体験です。鎧や絆創膏で守って、それ以上傷つかないようにしているのが、私たちの日常。適切な場で、鎧や絆創膏を外しすというチャレンジです。

ですから、「癒しなんて、こわくて今はできない」ということはあります。

「できない」ではなく「いらない」と言う人は、なにか与えられることを想像しています。

「癒し」は、与えられるものではなく、チャレンジするものです。

The following two tabs change content below.
心理セラピスト 広義トラウマの解除/生きづらさ改善(人生を支配するパターン、自己肯定、アダルトチルドレン、性暴力被害の過去、いじめトラウマ、PTSD、喪失、対人不安、愛着不安定、恐怖症など)を扱います。
心のトラブル対処法
人の言葉の受け取り方の3種類

人から言われた言葉の受け取り方は大きく分けると三通り。 Ⅰ、反応的(自分に対する肯定か否定かを自動解 …

心理セラピー・心理相談
複数のカウンセラーに相談してよいか?

「複数のカウンセラーに相談してよいか?」 最近、このトッピクについて質問されることがあります。いくつ …

心理セラピー・心理相談
自己啓発の教えを実践しないのには理由がある

自己啓発を教える人は、 「こうすれば、上手くいく。しかし、大抵の人はやらないんだよね。だから大抵の人 …