「自分にとっての幸せって何だろうか」

ある人が言いました。

「私も最近考えるんですよ。自分にとっての幸せって何だろうかって」

私たちは、悩んだり、気づいたり、励まされたり、出会ったり、試行錯誤しながら、自分にとっての幸せを考えてゆく。

それは謎解きのようだなと思います。心と人生の謎解きです。

驚きや感動もあり、不安や落胆もあり。一歩進むごとに、少しずつ見えてきます。

真剣なんだけど、クスッと笑うこともあります。

それと、分からないことがあったり、迷ったりしても、いいじゃないですかとも思います。

時には出会った人達と協力し合うのも謎解きに似ていると思います。

心理セラピー(心理療法)の観点では、謎解きのカギは、生きる許可幸せの許可自己重要感など、自分を大切に思えること、それと他者に対する世界観です。繰り返しているパターンもヒントになります。

自分にとっての幸せを探しましょう。

 
講座などで直接会ってみたい方はこちら。⇒イベント情報

心理的な相談をしたい方は、個人セッションをご検討ください。⇒サービス案内

                                                               

Facebooktwittergoogle_plus

自分と向き合う
陰を見ることは光

闇が解ければ、解けるほど、たくさんの陰(小さな闇)が見えてくる。 暗闇では陰を見ることはできないが、 …

自分と向き合う
自分を見捨てるのをやめたときに、それは変わります。

自分を客観的に観ることができないのは、主観的に自分の感情・怖れ・欲求を観ることができないからです。 …

自分と向き合う
自己一致すると見えてくるものがある

「自己不一致」というのは、自分に正直ではないことを言います。それは人間だれしも持っているものだと思い …