「自分にとっての幸せって何だろうか」

ある人が言いました。

「私も最近考えるんですよ。自分にとっての幸せって何だろうかって」

私たちは、悩んだり、気づいたり、励まされたり、出会ったり、試行錯誤しながら、自分にとっての幸せを考えてゆく。

それは謎解きのようだなと思います。心と人生の謎解きです。

驚きや感動もあり、不安や落胆もあり。一歩進むごとに、少しずつ見えてきます。

真剣なんだけど、クスッと笑うこともあります。

それと、分からないことがあったり、迷ったりしても、いいじゃないですかとも思います。

時には出会った人達と協力し合うのも謎解きに似ていると思います。

心理セラピー(心理療法)の観点では、謎解きのカギは、生きる許可幸せの許可自己重要感など、自分を大切に思えること、それと他者に対する世界観です。繰り返しているパターンもヒントになります。

自分にとっての幸せを探しましょう。

対処法
心理の問題の解決の2層構造

心の悩みについて、カウンセリングやセラピーやリトリートイベント等で起きる解決を、2層で捉えるのも参考 …

対処法
ブレーキを外してはいけない人もいる

背中を押しても動けない人がいてね、「ブレーキがある」なんて言われるのね。そうなると、自己啓発や古典的 …

人間関係
怒れないと、怨みやすい

心理カウンセリングなどの心の旅の中で、「怒り」と「怨み」の区別を学ぶことがよくあります。 誰かのこと …