私は「勧善懲悪」が好きではないようてす

Facebooktwittergoogle_plus

私は勧善懲悪の感覚が薄いのかもしれません。その「懲悪」について書いてみます。

何年も前に、児童養護施設(親と一緒にいれない子供たちの住む施設)の子供たちと遊園地で遊びました。

その日は担当したグループの中に、生意気な小さなクリクリ男子がいました。

遊園地のアトラクションで、クリクリ男子ははしゃいで走ってゆき、よその子供を押し退けて階段を登りました。よその子供の母親が「なにこのバカな子は!」と怒りました。ごもっとも、うちのクリクリが悪いのです。

そのとき、私の心の中にあったもの。

自分はクリクリの味方。大人から発せられた攻撃的な声からクリクリを守ろうとするバリアのようなイメージ。

この善悪に逆らってでも、攻撃から人の心を守りたい感じ。私にもありました。人の親になったことのない自分にこの感覚、意外てました。

クリクリは罰を受けてはいけない。

その程度の社会性は、罰がなくても、クリクリも学ぶでしょう。

その日、クリクリは泣かせた友達に謝り、私達ボランティアにお礼を言い…。

大丈夫に思えます。

2016.1.8
私は「懲悪」の感覚が薄いのかもしれません。罰したり、正たり、ずっと前から嫌いです。もちらん、私も怒ることはあります。でも、正義が最上位ではない。

精神治療も、「障害(disorder=歪み)を直す」考えのものは、昔から嫌い。昔の認知療法で説明されていた「認知の歪みを直す」なんて、ずいぶんと人を見下していると思います。本人の成果ではなく、治療者の成果を求めて、社会に適応できない人を矯正する思想。

現代の心理セラピーは、本人のためにするのが主流です。

セラピーに限らず、今の時代、それそろ正している場合ではないと思います。

裏切られる小さな善。罰せられる小さな悪。それらの味方でいたい、そんな想いがあるようです

 
心理的な相談をしたい方は、個人セッションをご検討ください。⇒サービス案内
 
自分に嘘をつかない生き方のメール講座はこちら。⇒無料購読
 
ブログ更新をメールでお知らせ→

関連記事
人の役に立つ必要のない者を友としたい... 雑談です。 「人の役に立ちなさい」「人の役に立ちたい」 場合によっては、不気味な言葉。荒んだ心へ投げかけるような。 具体的な相手も、具体的なシーンもなく、 ”人のお役に立つ自分” だけがある。 あるTV番組で、障害を持つ姉の世話をしている少女が、「将来は医者になりたい」と...
余計な同情の言葉もなく つくづく思うのは、人に嫌われたくない、人に好かれたい、というのが強い人はセラピスト向いてないです。セラピストが好かれるためのセッションほどひどいものはない。   人が悩みをうちあけたとき、こう言ったら好かれるだろうな、こうやったら優しいと思われるだろうなという場面は多々あります...
マイナスからゼロって、何やねん セラピーはマイナスからゼロへのプロセスだと言う論説があります。 しかし、セラピーのプロセスを経て幸せを感じている人、味わい深い人生を楽しんでいる人たちがいます。というか、たいていそうなってるでしょ。 「セラピーはマイナスをゼロにするものです」と言わず、「私はマイナスをゼロにするプロセスに...
【コラム投稿】生き方を変えるためには必要なことを揃えてはいけない... 新しい生き方へ踏み出すために、必要なこと・・・それは、「必要なものを揃える」という発想を脱すること。 「目標を決めて、そのために必要なものを揃える」、これちょっと危ないのです。 「必要なものを揃える」というのは、「できない理由を探す」ということと心理的に相性がよいのです。 数学や論...

Facebooktwittergoogle_plus

The following two tabs change content below.
心理療法セラピスト 上野貢潤

心理療法セラピスト 上野貢潤

代表ファーストブレス
~自分の心と対話する~ 心理療法セラピスト/Points of You マスタートレーナー
カテゴリー: 雑談 パーマリンク