Kojun ブログ

学歴で心理カウンセラーを淘汰せよ!?

あなたは、どう思いますか? これは、長期にわたって心の悩みと向き合っている人、カウンセラーやセラピストを探している人は、一度考えてみてよいかと思います。 心理カウンセラーや心理セラピストに学歴は必要か? 大学で心理学心理学部を卒業している必要があるか? 大学院までいってないとダメとか、アメリカに留学 […]

精神科医と心理セラピストの違い

と言っても・・・いろんな心理セラピストがいます。精神科医もいろんな側面があるでしょう。 なんですが、精神科医っぽい態度(医療的なサイコロジスト/心理師を含む)とカウンセラーっぽい態度(とくに実存型のセラピスト)について、こんな傾向があるんじゃないかなという観点を書いてみます。 医療モデルとカウンセリ […]

心理療法による改善率を気にしないクライアントたち

統計のマジック かつて、アイゼンクという人がこんな研究結果を出しました。精神分析心理療法をうけた人の改善率は44%。と開業医の患者で精神分析心理療法を受けていない患者の自然治癒(受診のみ)は72%。したがって、精神分析は効果がないと。 この研究は後に他の研究者たちに反論研究されているのですが、それは […]

心理療法家の育ちかた – 知識が先か、体験が先か

大学教授が書いた資料や国の制度では、サイコロジスト系の心理療法家やカウンセラーは大学で心理学を勉強してから、次に実践経験をつむことが前提となっています。 ご自身と弟子ががそうだったから、それを正しい道だと教えるのでしょう。 私たちネイティブ・セラピストは逆で、先に実践体験があり、その後に心理学用語を […]

心理カウンセリングと心理セラピーはどう違うの?

これはよく訊かれますので、一度書いておこうかと思います。カウンセラーと心理セラピストの違いを尋ねられるのも同じですね。 明確な定義はないかもしれません。同じだと言う人もいます。 言葉を和訳すると、counseling=助言、therapy=治療なんですが… カウンセリングでは「余計な助言するな」が主 […]

より効果率が高い療法か、自分にあった療法か

繰り返しになりますが、あらためてシンプルにまとめておきます。 治療者や研究者にとっては、効果がみられたケースの割合(以下、効果率)が重要です。 効果率60%の〇〇療法よりも、効果率70%の△△療法、それよりも効果率80%の□□療法に価値があるわけです。 しかし、お悩みの当事者にとっては、そうではあり […]

Q&A 人の悩みを聞いて苦しくなりませんか?

心理セラピーをしていると、人の苦しみを扱います。虐待、寂しさ、暴力被害、不運などなどのエピソードもよく出てきます。対人支援の者が相談者お話を聞いたりしていて、しんどくなってしまうことを「もらっちゃう」と言います。 私は「もらっちゃう」がありません。 苦しみに共感はしますが、私が元気がなくなることはあ […]

感情力動アプローチがセラピストを選ぶ理由

精神分析と感情力動の違い どちらもフロイトにルーツをもつ、無意識に触れてゆくアプローチではあります。 「意識化する」 ≠ 「頭で理解する」 無意識にあったものが、意識できるようになる。涙がボロボロこぼれたり、鳥肌が立ったりします。これは「頭で理解している」のでしょうか? 体感でしょう。 たとえば、「 […]

「自殺防止」という言葉にちょっぴり冷淡さを感じます

私は「自殺予防」とか「自殺防止」という言葉に違和感を持っています。 たいていはゲートキープのことを指していて、それはそれで必要なことでもあるのですが、そもそも死にたくなる事態をなくさなければと思うのです。 自殺というのは最終結果であって、そこだけインデックス(数値目標)にしている感じ。「自殺者の数を […]

適切な心理アセスメント!?

サイコロジスト的なスタイル 私のスタイルとは異なりますが、サイコロジストのお仕事なんかだと「適切な心理アセスメント」が必須とされています。こんな感じでしょうか。 アセスメント → 手法の選択 → 説明 → セラピーの実施 そうしないと、間違った手法でダラダラと費用と時間を使わせてしまうということです […]

「専門家としての姿勢」などと言われてますが

心理職のコンピテンシーと言われている項目について、私のことを振返ってみます。今回は「専門家としての姿勢」と「文化的ダイバーシティ」。 「専門家としての姿勢」 専門家としてふさわしい価値観や倫理をもつべしというものです。 専門家の言動が人に与える影響というものをよくよく配慮しましょうという説明もされて […]

生活ゲームの再構築、その枠組み

前回()の続きです。 報酬システムのフロー さて、中毒性のあるゲームがどうなっているかみてみましょう。 ※中毒性といっても、ギャンブル中毒は別のメカニズムなので対象外とします。わりと健全にゲームにはまっている状態(まともな金銭感覚があってもついお金を払ってしまうあたり)を想定しています。 人気スマホ […]

生活ゲームの再構築という考え

私の心理職経験とゲーム会社勤務の経験から、生活ゲーム再構築セラピーというのを考えてみます。 方法というよりは、自分の幸せへの答えを探すための枠組みです。答えがすぐに見つからない場合も多いかと思います。 概要 生活の変化を目的とするセラピープロセス(現状から抜け出してゆく)の中に「楽しむ」を取りいれる […]

ライスワークと心の自由

ライスワークというのは、ライフワークの対義語みたいなもので、生活費を稼ぐためにする仕事っていう意味です。 「仕事に遣り甲斐を見いだせない」というお悩みが多いです。これは、今やっている仕事に遣り甲斐がないということではなくて、遣り甲斐のある仕事が見つからないというような意味です。仕事が長続きしないこと […]

置き去りにされた自分、人生で繰り返されるパターン

人生を支配する感情反応パターンや対人パターンを手放すために、過去の感情を癒す、過去の感情解放プロセスということをします。 ここでは「過去の感情解放」と「現在の感情解放」の違いについてお話したいと思います。過去から現在に逃げることでお悩みが解けなくなっているケースが多いからです。 現在の感情解放 まず […]

心理セラピストに、なんとかしてほしいけど、余計なお節介は困る

心理支援の探し方について、記事タイトルの観点で俯瞰してみたいと思います。そして、私の心理セラピーではどんなふうにしているかも書いてみようと思います。 フルディレクションとノンディレクション まずは、両極のスタイルをみてみましょう。 フルディレクション(ゆるぎない指示) これは、プロセスの正解を知って […]

私が心理セラピストをしている動機

心理職をする動機として、「感謝されたい」「人を助ける自分になりたい」「人の役に立ちたい」というようなのは、あまりよくないと言われます。わかります。 たしかに、「あなたを助けることで私は価値のある人間になるのだ」って思っている心理職に出会うと、相談できないことってあります。 「助ける側の人間に価値があ […]

ネガティブに耐性がないのは本当はポジティブではない

ボジティブな支援スタイルあるある カウンセリングやセラピーの中には、ネガティブな考えをポジティブな考えに変えてゆこうとするスタイルがあります。 それが効果があるケースもあるのですが、一時的に気分が良くなって後に元に戻るというケースももあります。 問題の根っこが心の浅いところにあるお悩みの場合は、ボジ […]

採用担当者のためのトランスジェンダー入門

主に広義トランスジェンダー女性の雇用について、採用関係者のあなたが困っている本当の理由。 差別反対の文章でもないし、対策ガイドでもありません。 ここではリアルな当事者体験と心理の知見から書いてみます。 最重要ポイント 機会か、対策か トランスジェンダー採用について、次のうちどちらなのか、採用関係者の […]

私の声は低いまま

私は心の感覚が女性に近く、広い意味でのトランスジェンダー女性に含まれるようです。コスプレ女装さんやMtFさんとお話していて、どちらかというとMtFさんと近い言われていました。 なんですが、性適合治療へ向けて進むことはしませんでした。ときおり涙を流すことはありますが、フツーの女性になるよりも、自分の魅 […]

「なおさない」セラピー

悩みの解消だったり、心の成長における、「なおさない」「治療しない」というのは、どういう感じのことを言っているのか、もう1つ例を挙げてみたいと思います。 たとえば、暴力被害トラウマのケース。心理セラピーでトラウマは解消はします。ですが・・・ なおるんだけど、なおすわけではない。 「なおす」スタイルの例 […]

「なおさない」カウンセリング

私はカウンセリングやセラピーの特徴として、よく「なおさない」「治療しない」というようなことを言ってきました。 専門用語的には「治療関係」だのいうことが当てはまりますし、「セラピー」の訳語も「治療」だったりするので、心理療法的な意味での治療と言えば治療なのかもしれません。(医療行為ではありません) カ […]

「科学主義」と「本人中心主義」を比較してみます

すべてにおいて正反対とは言いませんが、「科学主義」と「本人中心主義」を比較してみようと思います。 科学主義 「支援者の勘や経験に頼らず、エビデンスに基づいて判断する」 エビデンス エビデンスというのは、主に統計的手法によってい、治療法の効果が検証されたことをいうようです。 こちらの記事に、その限界を […]

心理セラピストの使い方

心理支援の活用の仕方をカウンセリングする、メタカウンセリングを提供することがあります。 私がクライアント側体験をしてきた経験から、心理カウンセラーの使い方のポイントの1つをお話します。 カウンセラーというのは知識や偏見のメガネをかけています。で、それがゆえにうまくいかないことがあるのです。 私なんか […]

>note もよろしく

note もよろしく

noteでは、もちょっとホンネでつぶやいています。