Kojun ブログ

「ありがとう」は「人権」を奪わない…だといいな

「身体障碍者の人は助けられてもお礼も言わない」というのを何度か聞いたことがあります。 まずは、すべての障碍者はこうだという一般化はナンセンスということは前提として確認しておきたいと思います。そのうえで、そういう人もいる、そういう傾向があるとしたら、というお話をしたいと思います。そして、それもすべての […]

心の問題で回復できること、できないこと

心の問題は意外と回復する 心の問題は回復できないと思い込んでいる人はけっこういます。恐怖症なんかはセラピー界ではどちらかというと解決が容易とされていますが、治ると聞いて驚く人もいます。広義トラウマにしても、ある種の性格の問題にしても、案外と不治ではなかったりします。 ※ここでの「治る」は医療に限らず […]

来談者側からラポールをみる

カウンセラー選びの観点としてラポールを考えてみたいと思います。 ラポールとは「架け橋」を表す言葉で、カウンセラーとクライアントの信頼関係を意味します。 心理支援業務の作法としては、最初にラポールを築くこととされていることが多いようです。まずは、クライアントとの信頼関係づくりからってことですね。 とこ […]

当事者は心理専門家を待ってられない

教科書的に正しいこと以外は間違っているという風潮 そんな風潮が臨床心理の世界にはあるようです。あるいは、心理学や学術的に間違っている人をつるし上げる風潮。教科書に従っていないと、「自己満足のカウンセリングをしている」ってね。 「最新の学術情報を知らないんですかあ?」と非難するみたいな。 当事者は正解 […]

この世の不公平さと幸せ

生まれ落ちたところは宿命で、それは変えられない。 どのように人生が運ぶかは運命で、それは変えられる。 人生の運び、運命を変えるというのは、心理セラピーで深層心理のパターンを変えたり、愛着安定化をしたりするのも当てはまると思います。 さて、たとえば、「気づいたときにはアダルトチルドレンになっちってた」 […]

断捨離から代謝へ

断捨離が必要だと感じていて、いろんな考え方やテクニックを試してみたけど、どうも苦手だという方。 代謝という言葉を使ってみてはいかがでしょうか。 断捨離が苦手なら、新陳代謝というメンタルモデルに切り替えてみる 断捨離というのは実は新陳代謝の一部分を表現した言葉だと思います。 断捨離が得意そうな人をみて […]

医療機関と開業カウンセラー

開業セラピー/カウンセリングというのは、機関に属していないのでチーム医療といった感じではないですが、たまにクライアントに医療を勧めたり、紹介したりすることはあります。 たとえば、摂食障害でガリガリに痩せているとしたら、根本原因が心因だったとしても、医療には接しておいたほうがよいでしょう。ちゃんと内科 […]

プロセスに付き合ってくれる心理支援者

プロセスに付き合ってくれるかどうかという観点で心理支援者を探すヒントを書いてみます。 プロセスというのは、たとえばこんな感じです。 衝撃 → 否認 → 感情の混乱 → 受け入れ → 再発見 ※プロセスのモデルは諸説あります。 看護などの分野では難病の告知、余命、死別などを扱うため、プロセスの段階を理 […]

本人中心セラピーと矯正セラピー

カウンセリングや心理セラピーの本人中心ってどういうことなのか、ちょっと過激に述べてみます。 更生プログラムの中のセラピー 再犯防止のために刑務所の中で行われる改善指導や、仮釈放者への処遇プログラムの中に心理支援が含まれます。 これは当然ながら行政モデルです。法務省ですね。更生保護については、ボランテ […]

診断名やラベルは原因ではない

子供を医師に診てもらって、「〇〇障害の診断がついた」と言う人と、「うちの子は〇〇障害だった」と言う人は、捉え方がかなり違うように思います。もちろん、表面的な言葉だけで決まることではないのですが。子供だけじゃなくて、本人の場合もです。 支援や対応が必要だと判断するのが今日の診断であったりもします。それ […]

「無条件の愛」は無条件ではない

心の回復のために「無条件の愛」というものが必要だと言われます。自分に向けた場合は、(良い意味での)自己愛となりますね。 この言葉、理屈の世界をみているか、体験的な世界を見ているかが表れるので、面白いと思います。 心の回復に必要ないわゆる「無条件の愛」について、私の思うところを書いてみます。 自己犠牲 […]

「過保護」に関するとんでもない誤解

ある臨床家の先生は「過保護だとストレスに弱い子が育つ」と言っていましたが、私はそれは偏見だと思います。 心理学を教える立場の先生たちから、そのような言葉を聞くたびに心が痛みます。 過保護というのは一種の虐待のようなもので、身体拘束に似ていると思います。子供は自律(自分で決めて行動する)をしようとする […]

根本解決のための心理セラピー

Kojunの心理セラピーの客層は根本解決を探している人たちが殆どです。いろんか実践をしてきて、それはそれで役に立ったけど、根本解決ではなかったとおっしゃいます。 そのことは、深層心理セラピーということと関係しています。 深層心理を扱うことが根本解決につながるとはどういうことか、書いてみようと思います […]

心理セラピーと原因論の罠

以前にも書いていますが、もう一度書いておこうと思います。 たとえば、お悩みが「やっかいな対人反応パターン」だどします。その根本原因は無意識レベルのなにか、たとえばトラウマ、恐怖症、愛着不安定などなど)です。そして、それがつくられたきっかけが、たとえば「ネグレクト」や「機能不全家族」ですね。きっかけは […]

虐め被害の心理戦のポイント

日本では戦争やテロがない代わりに、DV、パワハラ、虐めなどのミクロな暴力が蔓延しています。ミクロといっても、戦争やテロと同じようなことが行われていたりします。その中でも虐め/継続的な暴力について、被害者のためのヒントを書いてみます。 主に現在進行形の問題を想定して書きますが、過去の出来事に対するトラ […]

心理療法が成果を出さない理由

私は両方の業界を経験したことがあるのですが、カウンセリングや心理療法が成果を出さない理由と、教育用ゲームソフトが面白くない理由はよく似ています。 簡単にいうと、多くの心理療法が成果を出さない理由は、治療者都合で行われるからですね。人のために理論があるのではなくて、理論研究のために人がいるんです。 教 […]

心の問題はもつれた糸

心の問題の解決というのは、もつれた糸を解くことに似ていると思います。 失敗やハズレの心理セラピーというのも、実はプロセスになっていることがあるように思います。 つまり、試行錯誤ってことです。 最近は、臨床心理学に正しい答えを求める風潮がありますが、それは教科書に答えが書いてあるという世界で育った人た […]

心理セラピストはアヤシイ

先日、心理カウンセラーの育成のしかたについての討論を聴きました。ある先生たち曰く、日本は変だという。カウンセリングをほとんどしたことがない人が大学でカウンセリングを教えていたするんだとか。日本では投資家として成功していない人が大学で経済学を教えているなんて話に似ていますね。 そういえば、心理療法はや […]

なかなか伝えられないこと

これまで伝えることができなかったこと、伝えられるようになるといいな。 人が気づかないことに気づいて、伝えたら叩かれて、理解されなくて。 その難しさは3つ。 ①真実は叩かれる。抑圧との闘い。②それは言葉と体験の狭間にあって、簡単に表現できない。③伝えるべき内容がより深みを増して、自分自身がついてゆけな […]

心理セラピーで気分が悪くなることはあるか

深層心理を扱うセラピーは気分が悪くなるというようなイメージもあるかもしれません。 たしかに、嫌ななにかを扱うわけですし、そこに触れがたきものが隠れているわけですから、抵抗はあります。ある程度のモチベーションがないと気持ち悪いかもしれません。モチベーションがないと全く向き合えないので。 ただ、実際にセ […]

心理職はどのように成長するのか

サイコロジストの最終段階はネイティブセラピストのスタート段階に似ている サイコロジスト(心理士)の成長モデル(六期モデル)というのがあるそうで、大学で心理学を学んだ人たちを対象に調査して作られたので、当然ながら大学で心理学を学んだようなサイコロジストに当てはまるモデルです。 その最後の段階の説明とし […]

セラピストは直感を使ってよいか

昨今の科学主義によると、セラピストが勘を使うのは自己満足だからけしからんという意見があるようですね。 今日は直感てなんだろうって考えてみます。 私はネイティブセラピスト、いくつかの心理課題(トラウマや愛着不安定など)を克服してきましたが、どうしても残ってる障害があります。それはある種の不安症です。 […]

ゲーム再構築セラピー – トークンエコノミー

生活改善のための行動はなかなかできないのに、なぜゲームには時間を費やすことができるのか。ゲーム開発に携わったことのあるKojunがゲーム設計を生活改善に応用できないか考えてみるコーナーです。 企画力があるひと向けです。 今回はトークンエコノミー。これは、保育などの分野で使われる技法で、子供が好ましい […]

医療には出来ないこと

すごいタイトルですよね。少し以前なら、権威セクターの先生たちの逆鱗に触れますね。今でも怒る人はいると思いますが。 で、本題です。 いくつかの相談事例について福祉関係者の方々の意見を聞く機会があったのですが、いくつか気になることがありました。 その一つ、事例研究で心理的なトラブルがあるとすぐに「精神科 […]

>note もよろしく

note もよろしく

noteでは、もちょっとホンネでつぶやいています。